写真展に行きました 2

c0039094_23194723.jpg今日、私の友人である松井洋子さんの写真展「風知草」を拝見するため、新宿の「Place M」というギャラリー(http://www.placem.com)に行ってきました。
彼女は植田正治氏を慕い、弟子入りして写真を学んだ経歴を持っている方です。今回出展されている作品の中には、その時期のものもあります。

今回もそうですが、いつも写真展を拝見して考えるのは「私達は何で写真を撮るのか?」という疑問というか、命題のようなものです。

写真とは、撮影者が現場に居なくては撮影できない。
その時、撮影者は何を考えるのか。

この疑問を考えるとき、私には一つのシーンが思い浮かばれます。

それは、オーケストラの演奏が始まる時に指揮者が指揮棒を振り上げ、一端動きが止まり、そして、指揮棒を振り下ろす刹那に生じる、演奏者と鑑賞者言いようの無い緊張感と一体感。

それは、今、その時に居合わせている森羅万象の持っている「何か」が一つとなった瞬間なのかもしれません。

その時、指揮者は指揮棒を動かし、演奏が始まる。
その時、私達はシャッターを切り、写真が生まれる。

楽器が空気を震わせ、私達の耳に伝わる。
光が空気を震わせ、私達の目に伝わる。

毎回のように「かなり飛躍した表現」で申し訳無いのですが、何かそんな気持ちになるのです。

では、「表現者としての我々」は何を考え、何をしようとしているのか?
これはまた別の機会に…。

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-04-13 23:36
<< 表現することについて (今日も長文) 料理すること >>