自転車

c0039094_2101437.jpgゴールデンウィーク前半戦、無駄なアガキとは重々承知で「部屋の片付け」なるものに挑戦しております。

ウチで大繁殖しているカメラ達を収納するため、ダ○ソーの「DVDケース」と「小型コンテナ」、それからワイヤーシェルフ用の棚板を購入すべく車を走らせてアチコチと。

連休を境に解禁したアロハシャツを身にまとい、車の窓を全開にして「FALCO」や「クィーン」、オペラや「大黒麻季」を大音量で聴きながらの移動中、不意に目に入ってきたのがチャリ(自転車)に乗った子の姿。

思い返せば、初めて「自分の乗物」ってのを手にしたのは自転車。
(三輪車、足漕ぎ自動車を含む)

自転車に乗っているとき、自分がどこにでも行けるような気がしたものです。
大げさな言い方をすれば、「ものすごく大きな自由を手に入れた」という気持ち。

暖かい日、自転車置き場に向かうと「愛車」が温まって待っている。
キコキコと漕ぎ出して速度が上がる短い時間、私の希望と自転車が進む方向が一体化するにつれて挙動が安定してくる。

「自分とチャリの一体化」を感じた瞬間、道の状態、日差しの強さ、風の方向といった周辺状況が一気に押し寄せてくる。見えてくる。

そんなコトを思っていると、色々なコトが思い出されました。

祖父の前で得意気に走り回った「ポルシェ・スピードスター」型の足漕ぎ自動車。
下り坂で、足が追いつかないほど回転する三輪車のペダル。

自分の自転車を買ってもらった日。
カッコワルイと大嫌いだった補助輪から開放された日。
半ベソになりながら、両親や姉の自転車の後を追いかけた日々。
かけっこでは負け続けだったけれど、自転車では負けナシだった日々。

最初に買ってもらった自転車が身体に合わなくなって両親に「新しい自転車…」と切り出された時に、チャリと離れたくなくて断固否定した日。
とはいえ、自分でも体面的に新しい自転車に替えつつも、「絶対捨てないで!」と懇願して残してもらっていた自転車を、辛くなった時に見にいったり、油さしたり、親に黙って動かしてみたりした日々。

そして、別れの時、最初のチャリを自分の手で建物の5階から担いで「燃えないゴミ」に捨てに行った日…。

泣いたね。今でも泣ける。

涙をこらえつつ、振り返らずに部屋に戻り、翌朝には無かった現実。

新しいチャリになってからも…。
車輪が半分近く水浸しになりながら帰宅した台風の日。
路肩を走っていると、暑さのあまりアスファルトが柔らかくなって「ズリッ!」と行った日。
遅刻しそうになり、思いっきり最高速で走っている時に許容速度を越えたのか、突如チャリがクシャクシャになるほど破損して大転倒した日。

何かあるたびに「治るかなぁ」って思いながら自転車屋さんに「愛車」を運んだ日。
その「愛車」を運んだ自転車屋さんの店の雰囲気、店の中、オヤジさんの顔。
「治ったよ」という連絡を受け、受け取りに行く時の期待感。
「愛車」と再会した時のナゾの緊張感。

などなど…って、長すぎやね(笑)

イカンイカン、例によって収まりのつかない展開になってしまいました。

まぁ、イロイロなコトを思い出したってコトなのです…。
そういう歳になったってコトかな…。はは・・・。
そして、チャリに乗らなくなって10年近くの日々が経過しました。


本日の発見。
「ワイヤーシェルフは棚板を買うよりセットで買った方が断然オトク。」
(余った支柱をどうしよう…)


Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-05-01 21:35
<< 今日は気楽に 2 料理すること 2 >>