二匹目のどぜう

c0039094_23192373.jpg仕事が休みの日、私はリサイクルショップや古道具屋サンを回ることが多いデス。

探して歩くのは機械式のカメラと腕時計なのだけれど、最近業者の皆様もキビシイ値付けが多いので、もっぱら要修理品を探して歩きマス。


そうすると、時として「掘り出し物」ってのに出会うワケですね。

今回掘り出してきたのは外観はヤレているけれど、紛れもない「マミヤシックス初号機(中期モデル)」デシタ。
そのお店は以前「長いほうのローライ」を破格で見つけた店なのだけれど、カメラや時計を割合多く仕入れてきてくれる割には「?」な値段設定のものが多いのデス。

この「マミヤシックス」も、お店の方はツァイスのケースに入ったツァイスぢゃない古いカメラ(=インチキもの)だと思ったのかなぁ…。

お店の方にしてみると「いつもワケのワカラン壊れ物を買っていく人」と思っている様子で、何も言わなくても端数を値引いてくれたりして申し訳無いなぁって思ったりしています。

ウチにあるカメラやレンズの何割かは古道具屋サン経由で入ってきたモノです。
あ、時計に至っては90%以上が古道具屋サンの出だなぁ…。

まぁ、古道具の世界って「一般的には欲しくない(不要品)だが、欲しい人は欲しい」で売買が成り立っている世界だから有難く頂戴しているのですが、ズノー系を破格値で頂いた時とかは本気で悩みました。

そんな訳で古道具屋を見ると立ち寄らなくては気が済まない生活にハマッて行くのデシタ。
(で、それ買ってどーすんのさ?というのは帰宅して考えるのデス:笑)

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2006-01-24 23:38 | カメラ/写真
<< バレエ鑑賞に行ってきました 電動工具 >>