ヴィトゲンシュタイン著 「論理哲学論考」について 2-02~03

c0039094_2149594.jpg表題:事態の構造と形式。

2-0271 対象とは、不動のもの、存続するものである。対象の配列は、変動するもの、移ろいやすいものである。

2-0272 対象の配列が事態を構成する。

2-03 事態のうちで対象は、鎖の輪のように、相互に組み合わさっている。

2-031 事態のうちで対象は、特定の仕方で交互に関係する。

2-032 事態のうちで対象が結合する仕方が事態の構造である。

2-033 事態の形式とは、その構造の可能性である。

2-034 事態の構造は、いくつかの事態の構造によって構成されている。

L.ヴィトゲンシュタイン著 「論理哲学論考」
藤本隆志/坂井秀寿訳
法政大学出版局 叢書ウニベルシタス6より抜粋・引用、及び部分的に表記変更

ここでも循環的展開が行われていることに気が付く。しかし、その循環的展開はヴィトゲンシュタインの親切心に起因していることを忘れてはならない。もっともソレはヴィトゲンシュタインの探究心に起因しているといっても良いだろう。
もう一つ言うならば、哲学の分野では「定立」、「反定立」、「総合」という考え方のプロセスがあるという。これはどういうコトかというと、ある仮説(定立)に対して反対の立場から考察(反定立)し、それらを含めて(総合)して考察するというものである。
これらを言語化、体言化すると一見すると矛盾したようにも見えるし、離れて見れば「循環的展開」と思えるコトなのだが、これは道徳の時間に教えられた「相手の立場に立って考えなさい」というコトにも似ているのかもしれない。
いずれにしても、思考のバランスを取る上でも大変に重要なコトだと思う。

さて、これもまた写真的に解釈してみたい。

目の前に展開する現実は常に変化しているにも関わらず、撮影した写真に残されたものは不動であり、存続する。Yes,それはまさに現実と写真の関係だと思う。(2-0271に対する写真的解釈)

2-0231にて半泣きしました通り、対象の配列・配置無くして写真は成立しませぬ…(2-0272に対して再び写真的半泣き…:笑) 

事態の構成様式を検討している箇所だと思われる。原文において「鎖の輪」と表記しているかどうか判らないのだが、「網の目のように」といった解釈が適切なのだと思う。しかし、「鎖の輪」という言葉の選択の方が緊密性、強固な物を連想するには適しているのだろう。(2-03に対する写真的ではナイ解釈)

そして、2-031~2-034に対する解釈のユルさというか含みを持った言及が何とも人間的で心地良い。「特定の」という言葉を用いて厳密な相互関係を指摘しておきながら、その一方で「可能性」という不確定要素を認めており、事態の構造という結論に対して、それらを構成する要素に依存しているという人間生活の温かみ、不思議さを容認している。

写真にしてもそうではないか。何人かのグループで撮影するにしても、撮影する瞬間というのは決して同一の物でもなければ認識の相異もある。そして、プリントを作製する場合に於いても個々の認識が反映される。

これらは客観的に見れば同一の事象に対する撮影という「特定の仕方で交互に関係」であり、「対象が結合する仕方が事態の構造」なのだが、個々の解釈というのは「事態に関する構造の可能性」に対する形式であり、また、鑑賞者に於いても「構造の可能性」を許諾していることに他ならない。

これを撮影者と鑑賞者の立場に於いて合理的に解釈するならば、まさに「事態の構造は、いくつかの事態の構造によって構成されている」という広範かつ厳密な定義に帰結するのだと思われる。(2-031~2-034に対する写真的解釈…というか納得)

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2006-03-27 21:56 | 論理哲学論考
<< ヴィトゲンシュタイン著 「論理... ヴィトゲンシュタイン著 「論理... >>