楽は苦のタネ、苦は楽のタネ

c0039094_202103.jpgP6を研究というか色々調査していて、次々新たな発見の日々が続いています。

今まで見てきていたつもりなのだけれども、もの凄く見落としていたという現実が…
しかし、色々と発見するというのは楽しいモノです。

そして本日、10台目のP6を入手。
シャッタ不調でファインダのネジ欠品というコトでジャンク扱いになっていたのデスが、ミラー背面にあるシャッタ幕のようなモノが垂れ下がっていただけでシャッタ自体は快調。

ファインダのネジは「ま、何とかなるデショ」と思いつつ、シャッタ等色々チェックやメンテナンスしていると「カラカラ…」と、内部で部品が転がっている音…

「もしや?」と思って振ってみたりしたところ、出てきたのは見事ファインダ用のネジ!
あのネジ、止まっている時は良いけれど、一旦ユルむと速攻で外れるのデス。

そして細部をチェック。
結果、手持ちの10台は全部異なっていることを発見。

また文章書き直しになりそう…
楽は苦のタネ、苦は楽のタネ…


Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2006-05-21 20:10 | カメラ/写真
<< まちがい 2 まちがい >>