最近判りかけてきたコト

c0039094_20292615.jpg最近判りかけてきたコト…それは「神様っちゅうのはイヂワルなお方や」というコトです。

願っている時にはチャンスを与えないけれど、ふとした時にチャンスを与えてくれるということ。
問題は、それに気が付くかどうか、それだけの余裕を持っているかというコト。

たとえば写真の「キエフ88」デスが、これは散々中古(P6資料のために外観のみ→いわゆるジャンク)を探していた折には見つからなかったのだけれど、先日別のカメラを探している時に、気分転換に別の棚を見渡していたら突然発見したモノです。

その棚は店に入った時にも見ていたハズなのだけれど、その時は気付かなかった。でも、次に見た時には目に入ってきたという次第で、大げさに言えば「目を離していた間に神様がコソッと棚に入れたんじゃないか?」といった位のオドロキでした。

う~む…強く願ってはイカンのやね・・・

インドの行者が信仰を求める弟子の頭を突然掴んで水に入れ、苦しくて暴れる弟子を引き揚げて「お前は、今みたいに空気を求めるように信仰を求めていたか?」と語ったという逸話を思い出しました。

信仰に限らずチャンスも空気のように遍在しているにも関わらず、それ故に認識していない。
リラックスする余裕。それを受け入れる余裕。そういうのが必要なのかも。
それらが全てシンクロした時に出会えたチャンスは自分を幸せな気持ちにしてくれる。

そんなコトが最近判りかけてきましたね…

あと、それとは別に、「緊張に極度に弱い」というコトも最近判ってきたコトの一つデス…。

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2006-12-04 20:48 | カメラ/写真
<< 天使について 間もなく発売! >>