土曜の朝、クルマと共に

c0039094_11362970.jpg部屋から出て駐車場へ向かう。
車は、うっすらと氷に包まれている。

ドアを「バタン」と閉め、静かな室内で「ふっ」と溜息。
これからコイツと走り出すのだ。

キーを差し込み、一段ひねる。
「カチッ、クークークー」
電磁ポンプが動き出し、エンジンにガソリンが流れ込むのを感じる。

「化石燃料の動力に依存できるのはいつまでなのだろうか」
そんなコトを考えながら、もう一段ひねる。


点火プラグから火花が散り、シリンダー内のガソリンに点火。
エンジンが目を覚ま…さない…

「あら?」と思ってもう一度。
キュル、キュル、キュル・・・カチッ!
うぅむ、バッテリーがあがってしまってたらしい。

ふっ、明日の予定は決まった。
バッテリーを買いに行かなくては…。

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreutznach Variogon 28-380mm
Automatische wijze

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-02-05 23:55 | くるま
<< 雄飛 ゆらゆら >>