ダライ・ラマ十四世の言葉

  できるかぎり人を助けなさい、
  もしも助けることができないなら、
  少なくとも他人を傷つけるのをやめなさい。

  遅かれ早かれ私たちは死ぬのです。
  そのさいに後悔の念を抱いて過去をふりかえっても、もう遅いのです。
  ですから毎日を有効に過ごしてください。
  他の生きものを傷つけることなく、利他の思いで接してください。
  そうすれば満足の思いを抱いて、やすらぎをもって死んでいくことができるでしょう。
  何人かの友人が泣くかもしれませんが、死にゆくあなたの心に後悔はありません。


頭では判っているのです。
しかし、それを実行するのが難しい。
[PR]
by coopiecat | 2007-09-11 22:47
<< 耐え難きを耐え…そして、作品展... 治療終了! >>