久々の撮影会

先日久々に「画像の墓場・松の間」(http://grave01.fantastic-camera.com/)を見たら、私の好きな東ドイツ製一眼レフカメラPRAKTISIX/PENTACON-SIX関係(http://coopiecat.exblog.jp/6531936/)の撮影会が開催されるとの記事を見て急遽参加表明。

天候が不安だったのだけれど、昨日までの台風による悪天候がウソのような晴天と気持ちの良い空気に恵まれ、十数年ぶり(?)に「江戸東京たてもの園」まで行ってまいりました。

いやはや、面白かったですよ。
撮影中にも、何人か声を掛けてくる写真好きの方も居られたり。

何より面白かったのは、PRAKTISIX/PENTACON-SIX(愛称P6)」のカメラとレンズの製造国は旧東ドイツ、旧西ドイツ、旧ソ連、チェコ、ウクライナと幅広く、かつ、長期間展開されていることもあって、参加者の方のカメラが多種多様だったこと。

合計で10台近くになったのかなぁ?その全て、ボディとレンズに同じ組み合わせが無いという素晴らしい状態。(笑)

あ…「EXAKTA66」のボディが居なかったデスよ…

久々に長時間日に当たることも出来、大変良い一日でした。
幹事様に感謝!

え?画像??
すみません…フィルムカメラなので速攻で掲載は…
(後日掲載するのか?というツッコミはナシ!)
[PR]
by coopiecat | 2007-10-28 22:01 | カメラ/写真
<< 独断と偏見で…(ごめんなさい) 本を買うこと・本を読むこと 3 >>