ぼんやりテレビ観戦

今日は福岡国際マラソン開催。
実家のすぐ近くがコースにもなっており、出発・ゴール地点も近いことがあって仕事をしながら見てました。

そういえば、小学校の頃からコースや競技場に行って旗降ったり写真撮ったりしたものです。「流し撮り」を身に付けたのもこの時。
今思い出したが、フィールドにも入れたのだ。撮影している時にアンツーカでズボン(白!)の膝を汚してしまったのだった。
走り終えてインタビューを終えたばかりの瀬古選手や宋兄弟に握手してもらった事もあったやね。

福岡では野球シーズンが終ると大相撲九州場所が始まり、福岡国際マラソン、昨年で終了してしまったけれど福岡国際女子柔道選手権大会と実家の近くでスポーツ関連が目白押し。

九州場所が始まると「冬が来たなぁ」と思ったものでした。
その時期に荷物持ちとして母親と一緒に買出しに出かけると、必ずと言って良いほどお相撲さんや各種各国の選手を見かけたもの。

私が通っていた柔道道場にもアメリカの選手団が来て、一緒に練習をしたっけか。
女子柔道といえば、ベルギーのイングリッド・ベルグマンス選手は強く、美しく、優しい方でした。ちなみにイングリッド・バーグマンと同じ綴り。

ダイエー(現・ソフトバンク)の選手もフツーに歩いてるらしいし。気を遣わなくて良いらしい。
多分、アビスパの選手もそうなのでしょうな。
逆に、ちょっとでも格好付けると思いっきり嫌われるしね。

とまぁ、一流の競技者達を間近に見たりするのは当たり前。好奇心旺盛な福岡市民は積極的に交流をするのは日常的な風景でした。各国各種競技の方々からの評判も大変良い土地柄だったようで。

地域全体が盛り上がる競技会みたいなのって東京ではあまり見ないなぁ。沢山ありすぎるから気にならなくなってしまったのかもしれないし、私自身が関心無くなったのかもだけれど…。
いや、単に福岡の人が「お祭り好き」なだけかもしれない。(笑)

加えて、選手が移動しているのを見たりしても物凄く管理が厳しいみたいデスね。
地域住民と交流したりしないんだろうなぁ。勿体無いなぁ。なんて思ってしまったり。
まぁ、神聖化する必要もあるのだろうけれど。

と、そんな事を考えながら見ていて仕事がオロソカになってしまったという訳でした。
[PR]
by coopiecat | 2007-12-03 02:36 | トーキョー
<< 入院騒ぎ 帰省、そして、残された時間 >>