写真展に行ってきました 2008-01-07

c0039094_23313212.jpg今日は私の恩師でもある鈴木孝史(すずきたかふみ)先生の写真展、「鈴木孝史フォトグラフス展-I AM PHOTO-GRAPHING-」を観に、銀座の京セラ・コンタックスサロン(http://www.kyocera.co.jp/prdct/optical/salon/salon1.html)に行ってきました。

いやぁ、恩師だからではなく、本当に素晴らしいです。

先生は銀塩での可能性を最大限に追求されています。
今回作品製作をされるにあたっても新しい試みをされており、「いやぁ、今更って感じもあるけれど、今回初めての発見があったよ」と言われてました。


その作家としての姿勢、作品のクオリティの高さが本当に敬服の至りです。
紹介では「いわゆる写真展ではなく、使用機器材にこだわった作品群でございます」なんて書いておられるけれど、んなこたぁナイ。

「写真で何が出来るか、どこまで出来るか」

この一言に尽きます。
写真をやられている方はもちろん、美術に興味を持たれている方にもオススメ。
是非とも足を運んでみてください。
今年一番のオススメ写真展です。

1月7日にこんなコメントって冗談みたいだけれど、多分そう。
年の初めに、このような作品を観る事が出来たのは僥倖です。

鈴木孝史フォトグラフス展-I AM PHOTO-GRAPHING-
2008年1月7日(月)~1月15日(火)
http://www.kyocera.co.jp/prdct/optical/salon/salon3.html
[PR]
by coopiecat | 2008-01-07 23:33 | カメラ/写真
<< HP←ひうれっと…ではなく 帰省でどっきり >>