楽器…

初めてカメラを手にしたのが3つ位の頃。
というコトはですよ、現時点で人生の90%はカメラや写真と共に遊んでいたというワケで。

たしか釣りもそれ位の頃からだけれど、別段後悔するワケでもない。が、適度な時期に音楽をやらなかったのは少々心残りでもある。

一応やったんだけどね。幼稚園だかの頃にヤマハのエレクトーン教室へ。
何しろ周りが見事に女子ばっかりで、とーーーってもイヤだったのですよ。
いつも行くたびに泣きながら帰る記憶ばかり。それで、帰りにロッテリアでイタリアン・ホット(ピザサンドみたいなもの)とシェークを親に買ってもらって、それでゴキゲン整えて帰る。
でも、帰るとまた練習。これがイヤ。

そういえば、小学校から中学にかけてだったか?近くの社会教育施設(子供向けの科学文化会館)でリコーダー教室にも行きましたな。幸いにして、ここは割と上達が早くてソプラノ、アルト、テノールとリコーダーの階段を順調に上り詰めることができた。
でも、学校の延長みたいな印象だったし、何より、そこのセンセが楽譜の上に私が上手に吹けない部分に赤鉛筆でグリグリと書き込んだりするのが、自分のせいで楽譜を汚しているのを実感して悲しくてイヤだった。

とはいえ、小学校、中学校と音楽の先生には恵まれていたし、学校自体も音楽教育には力入れていたから、幸いにして音楽そのものはキライにならずに現在に至っている。

ただ、今になって思うのは、やっぱ楽器の一つ位出来ると良いんだろうなぁ。と。
歌だけじゃツマランと思う時もあるし、そもそも歌だって満足に歌えるワケでもないし。

音楽。
キライではないけれど、好きとも言ってはイカン気がしています。
[PR]
by coopiecat | 2008-01-20 02:44 | 音楽
<< 写真展が始まります 街は生き物 二題 その2 >>