写真展に行ってきました 2008-04-17

何かと忙しい日々が続く昨今ですが、大丸東京店の大丸ミュージアムで開催中の「20世紀の巨匠たち 美を見つめる眼 社会を見つめる眼」を観てきました。

この展示、必見です。
出展作品作家は下記の通り

マン・レイ(1890~1976)
エドワード・ウエストン(1886~1958)
ウイン・バロック(1902~1975)
アンセル・アダムス(1902~1984)
アービング・ペン(1917~)
エルンスト・ハース(1921~1986)
ロバート・メイプルソープ(1946~1989)
ウイリアム・クライン(1928~)
ロバート・キャパ(1913~1954)
アンドレ・ケルテス(1894~1985)
ヘルムート・ニュートン(1920~2004)
アンディ・ウォーホル(1928~1987)
ルイス・ハイン(1874~1940)
W.ユージン・スミス(1918~1978)

定番の作品の羅列じゃない?という意見もあるでしょうが、そこがポイント。
これだけ定番の作家達の定番作品を一堂に観る機会は極めて稀だから。
どうしても専門的になってしまう美術館では成立し難い作品展だからこそ、貴重な展示会です。

素朴に「写真作品って?」と思った時に広げる「写真の歴史」系の本に載っている作品が、大半はオリジナルプリントで観られるというのは本当に有難いこと。

「とりあえず観ておく」といった感じでも良いから、是非とも観ておきたい展示です。

また、デパートの展示というと、どうしても「?」な展示だったりする事が多いのだけれど、今回の展示は充分に企画から展示作品と順番まで煮詰めてある内容なので安心。

加えて、日本の美術館が多くのオリジナルプリントを収蔵している点も驚き。
海外等で観てきたオリジナルプリントとは違うオリジナルプリント(ややこしいけれど、オリジナルプリントにも色々な種類があるのデス)を楽しむという鑑賞法も有。

写真を知っている人にはもちろん、写真を知らない人達にも観てほしい展示です。

「20世紀の巨匠たち 美を見つめる眼 社会を見つめる眼」
2008年4月3日(木)→21日(月)
大丸東京店10階 大丸ミュージアム
http://www.daimaru.co.jp/museum/schedule/tokyo/20seiki_tokyo_shosai.html
[PR]
by coopiecat | 2008-04-18 21:38 | カメラ/写真
<< ジェミニ不調… 久々の現像 >>