和文と英文、そして涙… (。p_q)ぅー

英語に一切自信の無い私ですが、海外で講演をするにあたって自身の写真作品内容等を英訳して欲しいという依頼を受けました。

原稿自体は過去に開催した写真展で掲示したコンセプトで、A4判1枚に大きな文字で印刷された400字にも満たない程度と短文であり、起承転結が判り易い文章だったので受けてみたのだけれど、これが何とも難しい!!

オリジナルの文章を大幅に改変していますが、おおよそ下記のような文章。

―――――――――――――――――――――
私が最初に手にした一眼レフカメラは「オリンパスペンFT」でした。小学校の遠足の時、父から借りて少し重たいカメラを手にした時、自分が少し大人になったような気がしました。(起)
その時から写真が自分の趣味になり、撮影した時間の流れをプリントするようになりました。(承)
ある時、その制作活動の中で「オリンパスペンFT」を思い出し、2枚の写真を1枚にプリントするようになりました。(転)
自分の中での時間の経過や視線が一枚の印画紙の上に展開されています。(結)
―――――――――――――――――――――

はい、のっけから困難にブチ当たりました。

「起」部において、小学生の時に一眼レフカメラ、しかも「オリンパスペンFT」を手にしたとうことが問題!ではなく…(笑)

この文章、日本文としては何ら問題が無いように思えます。というか、問題ナシ。しかし、英訳するにあたっては問題大アリ。

冒頭の部分だけに着目した場合だけでも、少なくとも下記のような主語の設定が可能になります。

1:私が最初に使用した一眼レフカメラは「オリンパスペンFT」。それは私の父のカメラだった。
2:「オリンパスペンFT」は私が最初に使用した一眼レフカメラで、それは父のカメラだった。
3:私が最初に使用した一眼レフカメラは父の「オリンパスペンFT」だった

「承」に相当する部分に関しては、時系列も構文も明確なので問題はナシ。

続いて「転」に相当する部分になると問題勃発。
文章としては明確なのだけれど、まず、それぞれ完成していた「起」と「承」の関連性が必要な気がしてならない。
というのも、文脈上で一時的に中断していた「オリンパスペンFT」との関係を示さなくては「思い出す」ということは成立しないから。

同様に「結」に相当する部分でも、一見すると主語(一枚の印画紙)も明確なので問題無いように見えるけれど、この文章は作家自身の作品の方向性を示しているものであり、今までの写真に関わってきた生活の結論でもあるワケで。

結局、この文章を英訳するために数日を要しました。

オサケを呑んだり、食事をしたり、眠り、その合間合間に作家の写真に対する思い、今は亡き写真好きだった父上との関わりといった色々な話をしながらの数日を経て産まれた英文は下記のようなもの。

―――――――――――――――――――――
私が最初に手にした一眼レフカメラは「オリンパスペンFT」でした。
そのカメラは父のカメラで、小学校の時に父が使用することを許してくれた少し重たいカメラを手にした時、自分が少し大人になったような気がしました。
その時から写真が自分の趣味になり、色々なカメラを使用しながら、撮影した時間の流れをプリントするようになりました。
ある時、その制作活動の中で「オリンパスペンFT」を思い出し、ハーフフレームの写真2枚を1枚の印画紙にプリントするようになりました。
そうすることで、自分の中での時間の経過や視線を定着することができるようになりました。
―――――――――――――――――――――

私が翻訳した英文は当たり前だけれど稚拙なものだから判り易かったみたいで、それを読んで、最初の和文とは大幅に異なっているけれど、作者の目に涙が浮かんでいました。

今まで自分でも言葉に出来なかったけれど、「オリンパスペンFT」を使用して作品製作をしている理由はそれなんだってさ。

「今、自分が写真と共にあるのはお父さんのおかげだ」って。
「ありがとうを伝えたかった」って。

それを聞いて、私も泣いちゃいました。
[PR]
by coopiecat | 2008-05-13 22:32 | ことば
<< 一体何事?? (・_・)? むぅぅぅ… >>