はるのかおり

c0039094_03699.jpg
今日、道を歩いていると「春の香り」がした。

正確には、ツツジの花の香りに桜の花の香りを足した香り。
どうやら、春が近付いて来ているようだ。
去年の初夏まで10数年来は嗅覚を失っていたので、すっかり忘れていた香りだった。

嗅覚は、長期間使用していないと失われるものだという。
医者も嗅覚が回復するかどうかは疑問であると言っていた。
幸いにして私の場合は、敏感では無いものの復活することができた。

嗅覚が復活した時、全ての匂いは刺激物として知覚された。
そのうち、記憶等と結びついて、分析し、判断する能力が身についた。
様々な匂いを知覚できることを嬉しく思った。

ところが、匂いを感じる事が当たり前になってくると、身体は積極的に匂いを感知しなくなってきた。
時として、「また嗅覚を失ったのではないか」と焦りもする。
しかし、体が何かを必要としている時、鋭敏に知覚するようだ。

それを一番実感するのは…

「オナカ空いた時」なのデシタ。


Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreutznach Variogon 28-380mm
Automatische

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-03-01 00:50
<< あるひとつの過渡期 とある出来事 >>