それ、いただくわ

さて、今回の帰省機材は腰痛を考えて軽量に!というワケで「ハッセルブラッドSWA」と「コダック・イージーシェアDX6490」の2台に決定。と、これは目くらまし。
帰省の数日前、パノやんことケビやんことクボヤンから、中野の大手中古カメラ店に「プラクチシックス」の出物があるという連絡を。
「あらまぁ、それは如何ほど万円かしら?」と聞いてみると、ふむふむ…な価格。とりあえず、帰省前に電話を。

「あのぉ、プラクチシックス御座いますやね?あたくし、それ頂きますわ。」ってな電話をかけると「ありますよ。あれ?ちょ、ちょっとお待ち下さい…」
   実に不穏な空気
「え~、御座いますが、シャッター不調で下げてまして、別の店舗に…」
「ちょっ!ちょっと待っちゃりぃ。買うけん、早よ取り返してきて!!」
「えっ、あっ、はい…では、少々お時間を…」
そんな会話から15分程度経過して再度電話をしてみると「確保しましたよ~」とのこと。
んで、「あらそう、では、その故障状態で如何ほど万円かしら?」と聞くと何やらの関係上で値段は変わらないとのこと。まぁ、良いか。

通信販売で実家に送付してもらうことにして、一通り手続きを終えた時点で始めて店員さんに確認を。
「レンズはビオメターですか?」
「いえ、テッサーって書いてありますけど…う~ん…」
「あっ、良いです。良いです。ぜんっぜん問題ござんせん!」

c0039094_085917.jpg
c0039094_09172.jpg
c0039094_094649.jpg
そして着荷。
箱を開ける前に納品書を取り出して見てみると「Praktisix ⅡA T80/2.8付」なんて書いてあって「ⅡAぇぇぇ?!」、「T80/2.8ぃぃぃ?!」とか声に出して言ってしまい、それを聞いていた親も驚いてましたよ。
果たして緩衝材を取り除いてみると、そこから出てきたのは何故か「KW」のファインダーを装備してはいるものの、紛れも無い「ⅡA」で、レンズは「T80/2.8」ではなく「Tessar 2.8/80」でした。(この部分の驚き等が判らない方は健康です:笑)

確かにシャッター不調。幕が硬化ではなく軟化(ベタベタ)になりかけ。
結局、それから2日程度は実家の数少ない工具を駆使しながらシャッター幕交換に費やし、静養が進んだというワケです。

いやはや、パノやんことケビやんことクボヤン、ありがとう!
[PR]
by Coopiecat | 2008-08-15 00:11 | カメラ/写真
<< これ、いただくわ ポケモンと帰省・・・ >>