2005年 11月 11日 ( 1 )

不思議なコト 2

c0039094_2352278.jpgこれは本当に不思議なコトなのです。
それは、「道を尋ねられやすい」というコトです。

国内で日本人老若男女に道を尋ねられるのはアタリマエで、「先方どーしちゃったの?」って言いたくなるほどに無差別に道を尋ねられるのデス。

今日もそうだったのですが、国内で外国の方に道を尋ねられるのもアリ。

今日は韓国人のオジサンでした。
「私、韓国語はダメなのです」とビミョウな韓国語で答えたけれど、先方の意図が何とか伝わったので後はボディラングェジ!(笑)

以前経験した国内での一大事は、何故か英・仏・独・etc…で構成された多国籍軍的団体旅行者に一斉に質問されたコトでした。この時には可能な限りの言語(やはりビミョウな各国語)で「ちょっと待ってくれぇ!」と答え、代表質問的に英語(これまたビミョウ)で回答してアセッたの何の…

そして笑えるのが、私、数少ない海外旅行で訪れた全ての土地で道を尋ねられたコトがあるのデス!! (^O^)

ツアーで一気に廻ったケルンにパリ、ブダペシュトにユングフラウ(ユングフラウの時は道尋ねられた上に何故かヴェラを渡されて「シャッター押して下さい」とまで言われて、操作法が判ってたのに驚かれたり…)に始まり、最近(といっても数年前)のニューヨーク、ロチェスター、ナイアガラでも。(これまた一つの行程)

これは参ります。
あのねぇ…私は旅行者なのね…。
現地の言葉で道を尋ねられるトコをみると、もしかして、あなた現地人(当国人)なのではないですか?
オマワリさんとか、もっと詳しそうな方が居られるデショ?!
というか、どう見たって明らかに私は異邦人デショ??

はぁ…

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-11-11 23:32