2005年 11月 16日 ( 2 )

昔のオハナシ

c0039094_2395291.jpgちと不思議な話というか、ワケのワカランが続いたので、甘酸っぱい(?)話をば。

皆様の記憶の中で「初期の衝撃的な記憶」はいつでしょう?

私の衝撃的な記憶の一つに4~5歳の頃の「ウインク事件」というのがあります。

その頃、私は「かなえちゃん」という女の子が大好きでした。
別に話をするでもなく、ただ見ているだけで満ち足りた気持ちになっている一方で「かなえとは何ぞや?」と思って帰宅後に国語辞典を取り出して「かなえ」の項目を引いて意味を調べた挙句、赤鉛筆で線引いたりするような純粋な日々デシタ。(いまだに使っている国語辞典なだけに近辺の言葉を調べる時に目に入って恥ずかしい…)

そんな安泰な日々に一石を投じたのは○○ちゃんでした。
(今となっては名前を忘れてしまった…)

幼稚園の全員が園庭に集まって整列して「前にならえ」をしている時にボサッと斜め前を見ていると、○○ちゃんが不意にこちらを振り向き「パチっ!」とウインクしたのデシタ。

いやぁ、驚いたの何の。
その姿はスローモーション&ストップモーションとなって未だに記憶されています。

そして「イカン、私はかなえちゃんが・・・」と思いながらも急速に不可思議な気持ちに引き込まれる自分を感じつつも「ナンテコトヲスルンダ!」という訳の判らない怒りのようなものが交わったビミョウな心境になり…

それから間もない週末、いつも行く床屋サンに父に連れて行かれると、その床屋サンの真向かいに○○ちゃんが住んでいて、たまたま玄関先で遊んでいた○○ちゃんとも顔を合わせたのだけれども、○○ちゃんときたら、私なんざぁまるで眼中に無いって感じデシタ。

その後、床屋サンで髪を切られながら「むずかしいものだなぁ」と思ったコトを記憶してます。

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat

※写真はイメージです
[PR]
by coopiecat | 2005-11-16 23:35

不思議なコト 3

c0039094_2261254.jpgここのところ「不思議なコト」シリーズになってますね…イカンなぁ。

今朝、不思議な夢を見ました。悩んでいる時、誰だか判らないけれど、誰だか判る人という不思議な人が出てきて優しく微笑みかけました。すると、心のつかえが取れたような気がして、目が覚めた時に涙が流れていたりして…

以前にも触れたコトがあるかと思いますが、ヴィム・ヴェンダースが監督した「ベルリン天使の詩」という映画があります。
この映画の中の天使たちは私達の身近に居て、私達の心の中の声を聞いてくれたり、何らかの啓示を与えてくれる存在として登場しています。

以前、とても悩んだ時、思わず「ラファエラ…」とその中の登場人物(登場天使?)の名前を口に出したことがありました。そうすると、途端に(本当に)目の前が明るくなり、気分が変わるのを体感しました。

「ラファエラ」とは、多分、「大天使ラファエル」を指すのだと思うのデス。そして、ナスターシャ・キンスキーが演じていたこともあって女性形で表現したんじゃないかなぁ。

そして「ラファエル」とは「癒しを行う耀ける者」、いわば「癒しの天使」であり、闇を照らす燭天使、智天使、主天使、能天使という役割を持つ反面で、冥界内部の導き手としての役割も担っているとか。

おぃおぃ、ラファエル、仕事多すぎないか?
仕事辛かったら話聞くゼ。

今朝見た夢の「誰だか判らないけれど、誰だか判る人という不思議な人」というのは、まさにラファエルだと夢の中で認識していました。

ラファエルが登場したのか、何かがラファエルの姿を伴って登場したのか。
ソレはナゾですし、ナゾのままにしておきたい。

と、そんな判るような判らないような事態が生じた今朝の出来事でした。

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-11-16 22:27 | 天使