2006年 05月 29日 ( 1 )

活字中毒?

さて、今日はカメラではないオハナシ。
随分昔から「活字中毒というものなのかなぁ?」という自覚症状があります。
とかく手当たり次第に本を読んだりしています。

電車の中はもちろんのこと、歩いている時にも、お行儀悪いのデスが食事中にも。
活字依存症かもしれませぬ。

何が困るって、長年の経験から適度な速読が身に付いてしまったのか、薄手の文庫本だと片道や半日で読了してしまい、帰り道に読む本が無くなってしまったりするのデスよ。

だからといって広範な知識を持つワケではなく、まさに「依存症」であって、何か活字を目にしていないと落ち着かないという状態。
一番の鬼門は古本屋サンとか本屋サンで、それらに入ると手ぶらで出てくるのは皆無と言って良い状態。(カメラ屋さんだと手ぶらで出てくる時の方が多いデス:笑)

そして本日、白洲次郎氏に関する文庫本を読了したのですが、これはこれで満足。
でも、確か以前に白洲氏に関するハードカバーを入手していたハズなのですが、これが見つからない・・・気になる・・・。

というのも、気になる白洲次郎氏関連のハードカバーがあり、「果たしてコレは買って良いモノなのか?」という疑問に直面しているからなのです。

う~む。

あと、こういった乱読状態だから何度でも読み返したくなったりするため、購入後の本を手放すコトができなくて、どんどん蓄積されていってる状況も何とかしなくては…。

このままではカメラと本に埋もれてしまいまする。
(既に雪崩経験はあります:泣)
[PR]
by coopiecat | 2006-05-29 23:28