2007年 10月 30日 ( 1 )

独断と偏見で…(ごめんなさい)

さぁ、10月も本気で終盤。
「夏を征するものは受験を征す!」なんて時期もとっくに過ぎ、本気で受験シーズンに突入してまいりました。みんな、頑張ってるかぃ?

星座は12、血液は4。これが意味する所は判るよねぇ。
じゃ、受験はいくつ? え?2だって??
おぃおぃ、みんな文系・理系って枠に囚われていないかい??

答えは3だぜ!
文系・理系・芸術系!!

さ~ぁ、みんな。準備はバッチリかな?
教科書開いて鉛筆持って、袖の中にイヤホン通して今夜も行ってみよぅ!!
(以上、1980年代後半のラジオのパーソナリティーorディスクジョッキー風にお読み下さい)

学生時代の過ごし方
 理系:先輩や先生が残したデータを探し出して実験する
 文系:先輩や先生が残した論文を探し出して批判する
 芸術系:先輩や先生と一緒に手を動かす

自分の恋愛対象(とその経過)
 理系:先輩や先生のような人(万能では無い事を発見して失望する)
 文系:後輩のような人(自分が先輩であるがゆえに批判されて失望する)
 芸術系:同類(始まりも終わりも曖昧なうえ波風が無いか、波風ばっかり)

世の中に対して
 理系:どうにか出来ると思っている
 文系:どうにかしてやろうと思っている
 芸術系:どうにかなると思っている(もしくは考えたコトが無い)

新製品発表会に行った時
 理系:性能表を見る
 文系:取扱説明書を見る
 芸術系:製品を見る

物を作る時の重要要素
 理系:材料
 文系:目的
 芸術系:形

未知の食品に出会った時
 理系:成分を調べる
 文系:来歴を調べる
 芸術系:食べる

美術館で作品を観て
 理系:キャプションだけ見て納得する
 文系:キャプションを見て評価基準にする
 芸術系:作品を観て泣きだす(もしくは怒りだす)

あえてやるor間違ってやる事
 理系:誤差の修正という名の捏造
 文系:新解釈という名の曲解
 芸術系:アレンジという名の模倣

失敗した時
 理系:原因を調べ、補う技術を開発する
 文系:原因を調べ、何故そうなったかを調査する
 芸術系:路線変更であって失敗など無い

成功した時の自慢話
 理系:どれだけの実験を繰り返したか
 文系:どれだけの本を読んだか
 芸術系:終ったと思わないから成功という感覚も無い

最後に信じるもの
 理系:データ
 文系:哲学(理論)
 芸術系:直感

ごめんなさい…
少ないサンプル数を基に、かなーり偏見を加えて書いてしまいました。
たまの(?)暴言お許し下さいまし…。
[PR]
by coopiecat | 2007-10-30 22:31 | たわごと