2008年 01月 27日 ( 1 )

充実した休日と、恥ずかしい私

仕事をしているのはイヤだけれど、土日にヒマになるのは別の意味でイヤ。かといって土日が忙しいのもイヤ。と、要はワガママなのですが、今週末はなかなか充実した週末を。

これは金曜日から始まるのですが、久々に過去に展示に微力ながら協力させて頂いた仕事関係の知人の方から連絡を頂く事がありました。

内容は「次回の展示準備に協力して欲しい」との事で、それだけでも嬉しい事なのですが、彼の上司にあたる、私も敬愛する方が「あ、彼なら良いんじゃない?」と太鼓判を押してくれたというコトも嬉しい事です。

準備段階なので詳細は明かせないのですが、大規模な展示です。ちょっと卑しいですが、大規模な展示に参加するから嬉しいという気持ちもありますが、何より、そういった展示に私を参加させて下さる彼らの存在が嬉しい。

土曜日、かねてより「呑もうぜ」と言ってくれていた大学時の友人と呑み。
単なる呑みではなく、目的は2つ。

一つは、お正月に縁起物のダルマを購入してきてくれており、そのダルマさんを頂くこと。
もう一つは、フリーのカメラマンをやっている彼が新機材を購入するにあたって、そのメーカーに「基準を満たした旧製品」を戻すことで良好な経緯を得られるということで、たまたま私の手元にあった「基準を満たした旧製品」を渡すということ。

無事に受渡を済ませ、ちと思い当たるコトがあって、もう一件、中野の写真機居酒屋「ときのん」に足を向けてみると、いつも通り暖かく迎えていただき、なかなかお会いすることが出来ずにいた、現在写真展を開催されている方とお会いすることができたり、自分の取り組んでいる製作物に関するコメントを頂いたり、旧知の方との楽しい一時を過ごして「ちと思い当たるコト」の元となったレンズを借用して帰宅。

と思っていると、「そうそう、預かり物があるんだよ」と店主さん。

受け取ってみると、中に入っているメモを見てみると、幾度も不義理をしてしまった方から暖かいコメントと共にラベンダーの香油が。

帰宅してレンズに取り組んだり、頂いたコメントを元に製作物に取り組んで夜を明かしてしまって若干の睡眠。どれも不発だったけれど、楽しんでみたり。

昼過ぎに目を覚ましてラジオを付けると好きな曲。

大好きな車に乗って、相変わらず元気な車を堪能しながら、自分の職場で開催されている先日御紹介した写真展の最終日に顔を出す。

この写真展を提案頂いた方にはお会い出来なかったけれど、「良かった」と言われていたこと、私に対して感謝して頂いていた事を伺ったり、久方ぶりの方にお会いすることができたり。

休日当番の同僚と、仕事では無い事での色々な話をする事も出来た。

帰宅する前に思い立って立ち寄ったカメラ屋サンで「むぅ…」と品物を眺めていると、ちょっとした不義理をしてしまった知人の方に親しげに声をかけて頂いたり。

と、書いている間にも携帯やPCにメールが…。

御蔭様で楽しく過ごさせて頂いたのですが、つくづく思うのは、暖かさを受けるばかりで何も出来ない私。

何らかのアクションを起こしたりすることはあっても、それは何かしらの恩義を受けたからこそであって、それは当然の義務であり、あたりまえのこと。

その前の段階で時間や心遣いを頂いた方にはお返しすることは適わない。
本当に申し訳無い。

この他にも、御世話になりながらブッ飛ばしてきてる方々が沢山…。
ワガママにも程がある。
恥ずかしい限りです。
[PR]
by coopiecat | 2008-01-27 23:11