<   2005年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

おとことおんな

c0039094_2213838.jpg人の縁というのは不思議デス。

たとえば恋愛。

数億の中の二人が出会い、惹かれあう。

この出会いを偶然と考えるか、必然と考えるか。
これは大変興味深いテーマ。

シャンカラは、この世における出来事の全てをシヴァの遊戯(リーラ)であると解釈し、私達は、その幻影(マーヤ)の中で生活していると解釈している。

ヤスパースやハイデッガーによれば、カトリック的、無神論的という立場の相異はあるにしても、自己の確立を主張する(実存主義)を提唱している。

大幅に飛躍するが、私はこれらを「梵我一如」という言葉で統合することも可能だと考える。
「梵我一如」の考えというのは、梵(ブラフマン)と我(アートマン)は結局のところ同一根源(一如)のものであり、永遠の至福に到達しようとするという考えだからである。

永遠の至福…。
その一端が恋愛だと思っているから。

そして再度大幅な飛躍。

現実に好きな人が居るとしよう。
その事実は否定できない。
理由も要らない。

遊戯であろうが、幻想であろうが、それも関係無い。
偶然出会うことが必然であろうとも、必然が偶然を装おうとも。

今、そこにある恋愛を双方が一生懸命に受け止め、育むことが大切なこと。
そして、恋愛の概念が本当に身に付いた時、世界を変えることもできる。

な~んて、ワケワカランことを小難しく考えているんじゃダメだな…
素直に恋愛に向き合い、何はさておき、「好きデス!」って言えるようになりたいっす。


Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-03-16 22:52 | 恋愛

素敵なオハナシ

c0039094_23482389.jpg
最近、素敵なオハナシがありました。

以前から「ん?」と思っていた二人が付き合い始めたんだって!

「疑問は解決ではなく解消されなくてはならない」って、私が親しみを覚えるウィトゲンシュタインも言ってたけれど、この嬉しさったら、疑問が解消されたってコトの喜びなんて物の数じゃない。

素敵な二人が付き合い始めたコト、とても嬉しいよ。
陳腐な言葉だけれど、「頑張って!」って言いたい。

何といっても、素敵な二人だもの。

素敵な二人が築き挙げて行く世界。
いつしか世界は二人のものとなり、世界は素敵なものに変化して行く。

きっと。
いや、必ず。

私に言えるのは…おめでとう!
勝手だけれど、喜ばさせてくださいまし。

(写真はイメージです)


Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreutznach Variogon 28-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-03-13 00:10 | 恋愛

写真展始まりマシタ

c0039094_21911100.jpg






写真展始まりました。

そして一安心したのか、
カゼヒキが悪化してしまいマシタ。
[PR]
by coopiecat | 2005-03-08 21:11 | カメラ/写真

あ~あ・・・

c0039094_23234279.jpg写真展が一つ終り、明日は新しい写真展の搬入&飾り付け日デス。

昨日(正確には今日)に何とか作りあげました。
結局、最後の最後まで迷いつづけてしまいました。

一応やるコトはやったよ…
そんな気分でございます。

(写真はイメージです)

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreutznach Variogon 28-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-03-06 23:28 | カメラ/写真

旅に出たいデスね

c0039094_23439100.jpg最近、旅に出てみたいと思うようになった。
「実家を離れている日常生活こそが旅である」と常々思っている私にとって、コレは意外な心境の変化だ。

では、何処に行きたいのか。

ウィーン、ベルリン、プラハ、キーイフ、
シチリア、ニューヨーク…
何となく思い当たる地名はあるのだが、何となく実感が沸かない。

単に逃避したいだけ?!

Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreutznach Variogon 28-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-03-03 23:53

あるひとつの過渡期

c0039094_2218416.jpg
間もなく、一つの局面を迎える人物が居る。
3月2日に32だった人間が、3月3日に33になろうとしている。


内面的には変わらない。
しかし、数字の上では興味深い変化だ。



その人物の父親は常に言っていた。
「昨日の君は、今日の君ではない。」

その人物は、それを聞く度に思った。
「私は、私だよ。」

「違う自分」と「同一である自分」という二律背反。
それは客体と主体との二律背反とも言えよう。

共通しているのは、「二律背反」を生じせしめる「同根源の存在」。
それこそが自らに問われる「自己の在り方」。

変化を受け入れ、自らを失わず。
「成長」とは、そういうものではないかと最近思い始める。


TOMY Mi-Sia Digital Camera
Meccanismo d'esposizione

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-03-02 22:38

はるのかおり

c0039094_03699.jpg
今日、道を歩いていると「春の香り」がした。

正確には、ツツジの花の香りに桜の花の香りを足した香り。
どうやら、春が近付いて来ているようだ。
去年の初夏まで10数年来は嗅覚を失っていたので、すっかり忘れていた香りだった。

嗅覚は、長期間使用していないと失われるものだという。
医者も嗅覚が回復するかどうかは疑問であると言っていた。
幸いにして私の場合は、敏感では無いものの復活することができた。

嗅覚が復活した時、全ての匂いは刺激物として知覚された。
そのうち、記憶等と結びついて、分析し、判断する能力が身についた。
様々な匂いを知覚できることを嬉しく思った。

ところが、匂いを感じる事が当たり前になってくると、身体は積極的に匂いを感知しなくなってきた。
時として、「また嗅覚を失ったのではないか」と焦りもする。
しかし、体が何かを必要としている時、鋭敏に知覚するようだ。

それを一番実感するのは…

「オナカ空いた時」なのデシタ。


Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreutznach Variogon 28-380mm
Automatische

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-03-01 00:50