<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ゆる~く

c0039094_23451186.jpg

最近写真やカメラとの関わり方に少々疑問を感じてマス。

上手く表現できないのだけれど、「楽しんでナイ」という気がします。


c0039094_23453019.jpg

たまには↑や→のような「ゆる~い感じ」のカメラを持って、プラッとしてみたい。

そんな気分デス。





Kodak DX6490 Digital Camera
Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Belichtungsautomatik

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2006-09-20 23:52 | カメラ/写真

釣りに行きたいですね…

c0039094_21185544.jpg
これはピストルグリップのロッドに装着したクローズドフェイス・リールです。

小・中学生の頃、釣りが大変流行してました。
私自身は父の影響もあって小さい頃から釣りに目覚めていたので、もちろん釣りブームには乗りまくり。
夏休みなんて朝の5時前から起きて釣りに行き、朝ご飯と昼ご飯を食べに帰宅しては再度外出して夕方まで釣りをしていたりする状態。

釣具屋サンなんて、そりゃもうパラダイスでした。
色とりどりのウキ、糸やオモリ、針なんてのを乏しい小遣いをやりくりして買っていたものデス。
そして、翌日釣りとなるとエサの研究から仕掛けの工夫。

とはいえ、ルアー釣りというのは抵抗がありました。
エサ釣り、しかも子供のくせにヘラブナに凝っていた私にとって、無闇に投げ込んでいるルアー釣りというのは「釣りとして工夫が足りない!」という怒りの対象だったり。

ただし、毛鉤は別。(フライではなく毛鉤!)
あの繊細な工作は見ていても素晴らしいものがあったから。

しかし、ルアー釣りに抵抗を感じていた最大の理由は「お金かかりすぎ」というものデシタ。
お年玉に相当する額のリールにロッドを揃え、それに一ヶ月分のお小遣いに相当するルアーを投げるなんて言語道断でした。

その時ヒソカに憧れていたのが、ピストルグリップにクローズドフェイス・リールの組み合わせ。
今となっては、あまり流行していない組合せですが、先日リサイクルショップに並んでいるのを見て、思わず購入してしまいました。

あの時の気持ちと、一緒に釣りをやっていた仲間、時たま様子を見に来ていた家族。
その全てが揃う日はもう無いということは判っていても、忘れることさえしなければ、少しだけ戻れるような気持ちもしています。
[PR]
by coopiecat | 2006-09-14 21:32 | 釣り

写真展に参加中…

c0039094_23362228.jpg
Kodak DX6490 Digital Camera/Schneider-Kreuznach Variogon 38-380mm
Manual(F6.8 1/4sec)
COPYRIGHT:Coopiecat

さて、私、プラクチシックス系のカメラ(P6)を愛好する方々と共にグループ展に参加しておりまする。

場所は中野のトンカツ屋さん「ときのん」というお店で、タイトルは「P6写真展」。
2006.9.4 ~ 9.22の期間で開催されとります。

トンカツ、美味しいです。
泡盛、美味しいです。
写真好き(カメラ好き?)なお客サンが沢山です。

それにしても…実は試し焼き的写真を持ち込んでいるため、来場された方、参加されている方にも本当に申し訳無いと思っておりマス。
この点、深く反省して、展示期間が長いということもあり、焼き直し&面白そうな資料を持参して貼り直したりしたいと思っている次第です。


会場等詳しくはこちらを参照くださいまし
 ↓ ↓ ↓
http://tokinon.cool.ne.jp/
http://tokinon.cool.ne.jp/gallery/p6.html
[PR]
by coopiecat | 2006-09-06 23:22 | カメラ/写真