<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

揃いました!

念願の「ハニメックスプラクチカ66」(HANIMEX PRAKTICA 66)が到着し、とうとう「プラクチシックス」(PRAKTISIX)から「ペンタコンシックスTL」(PENTACON SIX TL)まで全機種揃いました!

というコトで、各機種紹介に入りまっす!!

c0039094_22461083.jpgプラクチシックス(PRAKTISIX)のタイプ1と私が分類しているものにプリモター(Primotar)を装着したもの。
VEBカメラヴェルケ・ニーダーゼトリッツによって1956(昭和31)年製造。


c0039094_22464579.jpg同じく、プラクチシックス(PRAKTISIX)のタイプ1と私が分類しているものにテッサー(Tessar)を装着したもの。
VEBカメラヴェルケ・ニーダーゼトリッツによって1956(昭和31)年製造。


c0039094_2247191.jpg続いて、プラクチシックス(PRAKTISIX)のタイプ2と私が分類しているものにビオメター(Biometar)と、KW製の集光レンズ未装備のペンタプリズムを装着したもの。
タイプ1とタイプ2の変更時期は1961(昭和36)年頃と思われる。
1959(昭和34)年にVEBカメラヴェルケ・ニーダーゼトリッツはVEBツァイス・イコン・ドレスデンに合流し、VEBカメラ&キノヴェルケに改称。


c0039094_22485027.jpgプラクチシックスⅡ(PRAKTISIX Ⅱ)。
FP、Xの2箇所のシンクロ接点を持ち、補正レンズを装備した本格的なペンタプリズムが準備された。
1964(昭和39)年にVEBカメラ&キノヴェルケからVEBペンタコン(VEB Pentacon)と改称された時期の製造。


c0039094_22492299.jpgプラクチシックスⅡA(PRAKTISIX ⅡA)。
板バネ式だったフィルム押えが引き出し式に改められた。
1966(昭和41)年のライプツィヒ・メッセで初登場。製造台数が少ないとされる。


c0039094_22495870.jpgペンタコンシックス(PENTACON SIX)。
1966(昭和41)年10月のフォトキナに登場。
フィルム巻上げ量検知ローラーが追加され、フィルムカウンター部に改良が加えられ、カウンターは自動復元。220フィルムに対応。


c0039094_22503381.jpgハニメックス・プラクチカ66(HANIMEX PRAKTICA 66)。
オーストラリアに本拠地を持つハニメックス(HANIMEX)が代理店となり、1970(昭和45)年頃に米国で展開した製品。単なるOEMではなく、ケーブル脱落防止ストッパを装備されたX接点とFP接点の2箇所のシンクロソケットを設けていることが特徴。


c0039094_2251773.jpgペンタコンシックスTL(PENTACON SIX TL)初期の製品。
「ペンタコンシックス」用TTLプリズムファインダが1968(昭和43)年のフォトキナで発表され、資料によっては「ペンタコンシックスTL」は翌年の発売とされる。過渡期の製品。TLの文字が下段に加筆されているのが特徴。


c0039094_22514113.jpgペンタコンシックスTL(PENTACON SIX TL)。
手元にあるペンタコンが発行した「ペンタコンシックスTL」のカタログには1970(昭和45)年に印刷されたと思しき印刷番号が記されているので、この時期には一行で刻印されるようになったものと考えている。


c0039094_2252162.jpgペンタコンシックスTLs(PENTACON SIX TLs)。
このカメラはチェコのパスポート撮影用に1984(昭和59)年頃に製造された「ペンタコンシックスTL」の特別仕様という説が広く言わる「ペンタコンシックスTL」の派生モデル。
撮影画面サイズは40×42ミリ。内部機構にも変更が加えられ、巻き上げレバーはシャッタ機構とフィルムカウンターに連動しているが、フィルム巻上げには連動していない。そのため、フィルム巻上げはカメラ下部のノブで行う。背面に空けられた赤窓は「1」を出す時のみ使用し、後はローラーが検知したフィルムの送り量で自動巻止めを行う。

以上!! ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ
[PR]
by coopiecat | 2007-07-20 22:53 | カメラ/写真

間違い探し…?

c0039094_1944236.jpg今日は新たなオトモダチがノルウェーから到着。機構的には問題を抱えているものの、製造期間が短い「ペンタコンシックス(PENTACON SIX)」の銀色のレンズマウントリングの個体です。
しかも、仔細に見てみると製造番号が「4300」という切り番、かつ、「?」だった個体と近似した番号!

左は既に入手していた「ペンタコンシックス」でレンズマウント部は黒、製造番号は25000番台の製品。

さて・・・
どうしよう・・・
[PR]
by Coopiecat | 2007-07-15 19:45 | カメラ/写真

つくづく思うに・・・

つくづく思うにディジタルカメラの普及ですよ。
なにをかいわんや?とお思いでしょうが、しばし御時間を。

久しぶりにコダクローム画像を見て、それに付随してコダクローム愛用者の意見を聞いた結果なのですが、コダクローム愛用の理由は「鮮鋭度」だとも言えるようなのです。
これはコダクロームの外式リバーサル、其の他の内式リバーサルといった方式の相異もさることながら、カラーネガティブフィルムにも応用できる意見です。

つまり、物凄く大雑把に言ってしまうと、コダクロームは一層構造故に黒白フィルム並の鮮鋭度を得ることが出来る一方で、其の他の方式は原理上(多層構造ゆえ)鮮鋭度が低くなるということ。
そして、今のディジタルカメラ&ディジタルプリントは一見シャープネスが良いように見えるコントラストの高さで「高画質」と言っているような気配。(コレは意地悪く言えば「硬画質」:笑)

その結果、「ディジタルカメラの方が絵が奇麗」という誤解を与えてシマッタというのが現状なんじゃないかなぁ・・・なんて思ってみたり。そして、一般ユーザー向けカラープリント等の画質が「現状維持→低下&ディジタルプリント化する」のと反比例するようにディジタルプリントの(それなりの)高画質化が実現化することで市場評価の逆転現象が生じたのではないかと。

確かにカラーネガティブ、カラーリバーサルについてメーカー各位の努力はあったのだろうけれど、原理的な点で難しかったのかなぁ・・・なんて思ったりしてみたのです。

ここまで銀塩擁護みたいなコト言っておきながら何デスが・・・
大きな声では言えないけれど、コダクロームの画像ってディジタルプリントに近似しているように思えるのデス。これは以前、キャパのカラー作品の展示で覚えた感想の原因でもあり・・・(この場合は、コダクロームとディジタルプリントの相性の良さから感じた疑問)

それは、「鮮鋭度が高く、擬似天然色っぽい色調だから」の一言につきます。コレってまさに昨今のディジタルプリントじゃござんせん?!(いや、暴言です。コダクロームの色調は忠実かつ独特!)

なんて、例によってヘリクツをコネてみました。
[PR]
by Coopiecat | 2007-07-12 00:09

偶然?  (・_・)?

懲りずにPraktisixを集め中。
あ、Praktisixに限らず色々、チョコチョコと…(^^ゞ

中古カメラ店や中古カメラ市には時間が許す限り見に行っています。そういう時、中古カメラ店や催事場で仲間に会うコトはあります。

一方、ネットオークションは在宅でチェックできるので助かります。
そして先日から入札しているモノがあるのですが、入札最高価格の報せが届いて「?!」と思って入札額を更新。

「ふぅ…」と思って、あらためて見てみると「ん?」なコトが。
競っているのは・・・何となく見たコトがあるような名前・・・
確信が持てないのデスが、何となく・・・予感が…気配が・・・

コレは確認とった方が良いのかなぁ?
同一の品、コンディション的(というか、ジャンクなので故障の程度)には某店に残っていれば、そちらの方が価格的にも近似しそうな気配で・・・

でも、コレって「談合」ってヤツになるのかなぁ?
いやいや、コレは「話し合い」デスよ。

あ、ソレを「談合」っていうのか??

むぅ・・・
[PR]
by Coopiecat | 2007-07-08 19:25

どうでも良い話・・・?

若干国粋主義的という傾向はあるせいか、外来語というか無駄に英語への置き換えが多すぎる気がします。

例えば、今日読んでいた本の中に出てくる「シーバスのルアーフィッシング」。
これ、「スズキの疑似餌釣り」とまで言わないにしても、「スズキのルアー釣り」で良いんじゃない?なんて思ったり。

また、この本の中で自分達を指して「ルアーフィッシャーマン」と称していました。でも、部分的に「ルアー釣りをする釣り人」であったり、自分達を含めた「釣り好きな人」を包括する言葉として「釣り人」という言葉を用いていたり。ま、ルアー釣りをする人を特化して言うための「ルアーフィッシャーマン」という用法はアリかなと思うけど、コレって「疑似餌漁師」だよなぁ・・・なんてイヂワルな見方をしてみたり。

ちょっと面白いので、ルアー系の方々が用いるフレーズを抜き出して和訳というか、従来の釣り人用語に直してみましょう。

ロッドにラインを通す⇒竿に道糸を通す
フックはバーブレスフックを用い⇒ハリは返し無しのハリを用い
ポイントにキャスティングする⇒狙った所に投入する(この場合、ポイントは慣例的用法なのでアリ)

まぁ、どうでも良いことっちゃ、どーでも良いことなのです。

私だって「カメラにレンズを装着し、フィルムを装填して撮影する」って言います。
「写真機に鏡玉を装着し、感光材料を装填して撮影する」とまでは言いません。でも、「カメラにレンズをフィットし、フィルムをローディングしてシュートする」だとヘンでしょ?
過ぎたるは・・・ですよ。

ここで気が付いたのだけれど、名詞までは100歩譲れる部分もあるけれど、動詞が英語になって混入すると違和感が大きいのかもしれない。例えばソレは「仕事する」を「ビジネスする」と言った途端に若干の胡散臭さを感じるようなものなのかなぁ。なんて思ってみたりしたのです。
[PR]
by coopiecat | 2007-07-02 23:31