<   2007年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

本年もありがとうございました

2007年を振り返ってみるに…

「濃い年やった」というのが実感です。

2回も入院してみたり、物凄く不愉快な出来事もあったり。
その反面、良い方々との出会いもあり、楽しい事もあり。
ホント、「濃い年」やったと思います。

大変お世話になりました。
ありがとうございます。
2008年が皆様にとって良き年となりますよう祈念いたします。
[PR]
by coopiecat | 2007-12-31 18:18

帰省でにっこり

昨日は高校の同級と呑み会。
C53さんも同じ場所(天神)で呑みがあるという連絡を頂いていたのでカメラ屋さんの場所等を連絡し、ほんの短時間だが小規模なオフ会風。普段、中野の写真機居酒屋「ときのん」を中心として、東京でしか顔を合わせる機会が無いのに九州で顔を合わせるというのは不思議でもあり。でも、合えばカメラの話。そこは変わらず。(笑)
そして、別れる前に、C53さんに「今日はどこで呑まれるですか?」と聞くと、何と私達が予約している店と同じお店。大笑い。

念の為に言っておきますが、「九州の首都」とも言われる福岡県の福岡市中央区天神、年末に開いている店が一軒だけという意味ではありません。数多ある中の一軒に、たまたま重なったという次第。

さて同級生。帰省するのも一年ぶりだが、それ以上に久々に顔を見る友人も参加。8名の予定中1人が発熱で欠席。1人は寝坊で遅刻。(こいつはいつも遅刻だ)
結婚した人間も多いせいか、話題は家の話や子供の話が多い。その合間合間に見せる高校の頃と変わらぬ表情に安心するやら時の流れを感じるやら。

二次会は4名でカラオケに。結構イマドキの歌を歌っており、古い曲しか知らない私はオサケを呑みながら、知っている部分をチラッと歌うだけ。
手洗いに行って戻って暫くすると「はい」とマイクを渡される。どうやら私が過去に歌った曲を入れてくれていたらしい。「今日は歌わんで良かよ~」とか言っていると「俺も歌いたかったけん」とか何とかかんとか。嬉しい気遣いやね。

c0039094_16283558.jpg皆と別れ、中学の頃から行っている「元祖長浜屋」(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071231i501.htm)というラーメン屋に一人で。普段は並ばない店なのに、年末だからなのか並んでいる。私も並び、その後にも人が並ぶ。
私の後ろに並んだ兄ちゃん:「あの、これはラーメン並んどるですか?」
私:「そ、今まで並んだ事やら無かったとにね」
に:「なぁん、久々に食べ来たとにぃ!しょん無いね…」
私:「俺も久々帰省してきてからさ、やっと食べようと思ったらコレやもん」
に:「どこからですか?」
私:「東京よ」
に:「あ、俺も東京から帰って来たです。あの、博多天神って店知っとるですか?」
私:「おぉ、知っとるよ。東京やったら、博多天神のが一番マシよね」
に:「そうですよね。あそこんとがマシやけど、やっぱ帰ってきたらココですよ。店員の一杯~!っていう声が聞きたいもん」

そんな会話をしながら順番を待ち、「お先にぃ!」と言って店内に。
ちょっと頑張って替玉も。

とても充実した一日。
[PR]
by Coopiecat | 2007-12-31 16:36 | たべもの

帰省でびっくり!

c0039094_041018.jpg今日は初めて羽田空港第2旅客ターミナルから出発。
インタネット予約等が簡単に出来ること、住んでいる所の近くから空港バスも出ている等、学生の頃からは考え付かないほど空港利用が便利になったものです。
(そのぶん飛行機に乗る有難味も薄れたけど)

さて、飛行機といえば手荷物検査。例のアメリカの事件以来厳しくなっています。
それが更に厳しくなっていました。それは何か。

「カメラは動作確認の為に一枚撮影しなくてはならない」ということ。

いつものようにオープンチェックでカメラバックとカメラを預け、検査台で一通り品物をチェックした後、「一枚シャッターを切って下さい」言うので、思わず「あぁ?」と言ってしまいました。
以前は電源があるものは電源を入れるだけで済んでいたのに、あまりに高飛車かつ当然のように言う態度にカチンと来たもので「そこで消費されるフィルムの補償はどうなるのですか?」と空港職員に質問すると「それはお客様の同意の上での確認ということになりますので」と答えになっているようななっていないような回答。これ、カチンカチン来ます。

「では、書面なり文面になっているものを見せて下さい」と言うと急に慌て出して、上司らしき人に相談して持ってきたのは社内マニュアル。その「各種フィルムの見分け方」のページを開いて、「フィルムカメラの場合にもこのように規定が…」と質問の内容以外の回答をしようとするので、「それは貴社内の資料でしょ?検査内容は貴社の基準で行っているの?」と「んなこたぁ無い」と自分でも判っていながら突っ込んでみる。

すると、「国土交通省航空局の規定で…」と回答。そうそう。そうだよね。
「では、国土交通省航空局からの書面を見せて下さい」と言うと「現在は持っておりませんで…」と。そのうち先方の態度も随分丁寧になってきたので、「確認しますが、国土交通省からの通達で撮影まで行うという事で間違い無いですね?」と念を押し、最後に「いつからですか?」と尋ねると「8月8日からだったと記憶しています」とのこと。へぇぇ。

「そうか、私は入院していたから変更内容を知らなかったのか。」と納得しつつも、やはりナゾが残ります。ま、「安全の為だから」と思えば仕方の無い部分もあるけれど。

とりあえず、飛行機に搭乗する前にはフィルムを出しておいた方が良さそうです。
(ちなみにハッセルシュプリームワイドアングルはマガジン外して操作で通過)

って、皆様承知の出来事でした??
[PR]
by coopiecat | 2007-12-30 00:04 | カメラ/写真

バレエを観に行ってきました 2007-12-27

c0039094_16302334.jpg今回のバレエは「国立モスクワ音楽劇場バレエ2007」のシリーズで、演目はチャイコフスキー原作のブルメイステル版「白鳥の湖」。

もう、凄いです。
「きょうは、ばれえをみました。みんなすごいなぁとおもいました。」と小学生の感想文みたいになってしまうけれど、物理の法則を無視したかのような跳躍や回転の技術、跳躍の上死点までと下降するまでにどれだけの動きがあることやら!
立っている間にもチュチュを振動させるためだけに細かく動き続けているなんて!!
しかも、人によっては空中でもう一回跳躍。
もう、エライことになっています。

そして、舞台の隅々まで配置された登場人物の動き一つ一つに意味があること。真ん中で繰り広げられる踊りにばかり熱中していると、そこに秘められた意味や次の展開が見えなくなってしまうので要注意!

オハナシを知っている方は判ると思います。
一応私も下調べをして臨んだのですが、一緒に観に行ったバレエ鑑賞に長けた方からの鑑賞前の説明では「白鳥の湖は「オマヌケな王子の勘違い話だ」という明快な説明を聞いて激しく納得。確かにそうだ。

それから、「あんなマヌケなオトコやめときなよ」みたいな展開があって面白いという事。
ふむふむ。

で、実際その場面。いやぁ、凄かったデスよ。王子が近づいてくると白鳥仲間が露骨に「ふん!」と顔を背けたり、王子の方へ行こうとするオデットを仲間の白鳥が阻止する為に全身で阻止するは、衣装掴んだりで大変。
これは説明してくれた方も驚くほどに露骨だったそうで。(笑)

つまりね、マヌケな男子が勘違いして女の子泣かせたワケですよ。そしたら女子全員を敵にまわしちまったって感じ。というか、見事にそんな雰囲気。職場等を思い出して次第に居心地が悪くなってくる自分を感じましたよ。(涙)

それから・・・ありがちな勘違いらしいのですが、一番感動的な曲の盛り上がりで苦悩し、倒れこむのは王子です。私も「?」と思ったのですが、「瀕死の白鳥」という演目があり、それは「白鳥の湖」は別モノ。でも、混同している人が多いということ。ははは。

もうひとつ。演目の時間を確認しておきましょう。今回は合間に15~20分の休憩を挟みながら4幕。18時30分に開演で、終了は22:00過ぎ。となると何が起きるか・・・下手すると夕飯が食べられないのデス。

とか何とか書きましたが、あれだけ大掛かりな舞台と大人数、生のオーケストラも入った舞台を鑑賞するというのは贅沢であり、幸せな気分になります。今まで1階席でしか観た事が無いので判らないけれど、多分、2階席や3階席で観ても面白いと思うのデス。というか、その方が全体を見渡せるから違った楽しみがあるのかもしれませぬ。

いやぁ、良いもの観たなぁ。
我ながら単純とは思うけれど、「今年もまぁまぁな年だったんじゃない?」と思ったりしてみました。

配役(2007年12月27日・木 東京国際フォーラム 18:30~)
オデット/オディール:タチヤナ・チェルノブロフキナ
ジークフリート王子:ゲオルギー・スミレフスキ
王妃:インナ・ブルガコヴァ
ロットバルト:アントン・ドマショフ
道化:デニス・アキンフェエフ
パ・ド・カトル:オリガ・シズィフ
         カドリヤ・アミロヴァ
         セルゲイ・クジミン
         ドミトリ・ハムジン

ほか
[PR]
by coopiecat | 2007-12-28 16:34 | 音楽

写真展に行ってきました 2007-12-25

中野の写真機居酒屋「ときのん」さん(http://tokinon.cool.ne.jp/)に、敬愛するCoolys creek氏の小型模型自動車(ミニカーとも言う)の写真展「43/43」(http://tokinon.cool.ne.jp/gallery/43_43.html)を観に行ってきました。

決して大きくない模型を実車のように撮っていたり、実車以上に撮っていたりということで以前から興味あったのですが、やっと鑑賞適いました。

しかも、今回は同様の対象を「エキザクタ66」(しかもMod.3!)に照れ臭ぇ…ではなくTele-Xenarを使用して撮影されたXemono氏も出品されており、こちらも大変見応えのある作品が並んでおりました。(共催という感じなのかな??)

すごい。良かったですよ。
オススメです。d(>_<)

撮影時のオハナシを伺った時には、その姿が目に浮かぶようで…涙

そして、ストリチナヤ(スタリチナヤ)ベースのバニラフレーバーウォッカを御楽しみ下さいまし。
ダマされたと思って呑んでみて下さい。「フレーバーウォッカ」の真髄を感じる事が出来ます。
あまり口にする機会も無いと思いますので、折角の機会、是非とも作品鑑賞の際にはオタメシ下さいまし。

 一口呑めば胃の中が
 二口呑めばノド元が
 三口、四口と進むうち、周りの空気も柔らかに
 いと面白き露西亜のオサケ

そんな感じです。
[PR]
by coopiecat | 2007-12-26 22:50 | カメラ/写真

聖なる夜に…

さて、今年も残すところ一週間。
と、お茶を濁したいのですが、今日は触れるのも腹立たしく、触れないのも腹立たしいクリスマス・イブ。「こなさんみんばんは」はジャンキー大山ことミスター伊武。
そして私は休日出勤。

仕事も終えて「うかれ渋滞」を避けるべく&ちょっとは見物な感じで車をグルグル適当に走らせました。

いやぁ、街の中はクリスマス一色で幸せそう(多分)なカップルも多いですな。
ラヂオをつけても「クリスマス前に告白した」やら「クリスマス前に別れたら友達が助けてくれた」だの。(とはいえ、色々な価値観が聴けて面白いが)

へぇへぇ。結構なことでござんす。(-_-)

「何タラタラ走りよるとかぁ~?」やら「何かそらぁ~!」悪態つきながら運転を。
そうしていたら、罪悪感とも寂寥感ともつかぬ不可解なイメージ降臨…

「誕生日なのに本人が無視されとる!」
いっかぁぁ~ん!遺憾…イカンっ!!
こりゃ祝福せにゃイカンですよ。そして、皆が楽しんでいる事への感謝を伝えねばっ!!

と無意味な正義感(?)を発揮して、何も考えぬ異教徒は急遽ニコライ堂へGo!

準備始まってます。私の後から善男善女(って言うの?)が沢山集まって来てます。
い~ねぇ。やっぱこうでなくっちゃ。

お世話をしているロシア人らしき人がツカツカと。
「しまった…異教徒バレた??」と思っていると、私の肩に提げたカメラを指差して「写真ダメですよ。大丈夫?」とのこと。
「はい、もちろん」と答えたのに勢いを得て「今日は祝福を…」と言うと「はい」と言って去っていきました。(ホッ…)

善男善女が立ち入るであろうアリーナ(とは言わないよね)に足を踏み入れないようにして建物の中を眺めている視線の先に、先のロシア人さんが僧衣?法衣?を身に纏った男性と話している姿が。しかもこちらを見ているぢゃないか!!

いかーん!ぴーんち!!
つまみだされるーーー!!!

ガッチリ目が合って緊張する私の方へ微笑みながら司祭?牧師?神父?さまがツカツカと。動けないままの私の前に立つと「では…」と言って何やらの儀式をして下さる…あらまぁ…

真っ白になりかけの頭の中で、本で読んだ正教の十字の切り方を思い出して一礼をして何とかその場は凌いだものの、ついてはいけないウソをついた罪悪感でドキドキでした。

どうやら「祝福」というのは「するもの」ではなく「されるもの」なのデスね…

そして降誕祭が始まりました。祈りの声と、合間に賛美歌?聖歌?が流れる荘厳な雰囲気の中、粛々と進行する降誕祭。なかなか素敵でした。

降誕祭の儀式が終了して外に出る前、「今日は見事な満月ですよ。イエスさん、お誕生日オメデトウ。マリアさん、出産おめでとう。多分、こんな素敵な日に生まれたとでしょうね。」と心の中で唱えて来ました。

色々間違ってるんだろうけれど、何か良かったデス。
ある意味、思い出に残るクリスマスといった感じでした。

父と子と聖神の皆様、オマヌケな異教徒をお許しください…
[PR]
by coopiecat | 2007-12-24 22:40

天使について(笑)

さてさて、天使に関して補足説明。
私の中で「天使」は二通りの存在をしています。

まず、天使は実在しているかもしれんという事。
この場合、実在しているかもしれんから、もし見かけたら尊重してあげてください。
(私ではなく天使を:笑)

次に、天使が存在していると仮定している事。
自身の悲観的なものや一応の能力が許容範囲を超えそうになった時に事態を整理する為に発動される防衛本能のようなものや「ひらめき」のようなもの(時に「無意識」と表現されるもの)を「天使」という存在に例えているのではないかということ。

どちらでも良いのです。

投げ槍な表現に聞こえるかもしれませんが、私にとっての「天使」のありようがそういった形な訳で、その存在に思いを馳せることには変わりは無いから。
何と言っても居た方が嬉しいし。

そういう広義な意味での「天使の存在を信じている」というコトです。
[PR]
by coopiecat | 2007-12-23 02:07 | 天使

ラファエル

突然ですが、天使の存在って信じます?
私は、信じています。
(またワケのワカラン事を…と思われるかも)

部屋の電気もラジオもPCも点けたまま寝てしまっていたという事もあるのでしょう。夢の中に天使が久々に登場。
姿を明確に認識した訳では無いけれど、「あぁ、久しぶりにラファエルが来た…」という感覚を得て目を覚ましました。

力天使にして熾天使の外観を持ち、智天使にして主天使かつ能天使であるラファエル(http://www.angel-sphere.com/angels/list/Raphael.htm)は、気分的に行き詰まった時に度々感じる事がある存在。

さてどうしたものか。私の中で何かが起きているらしい。



―天使についての参考リンクー
http://www.angel-sphere.com/index.html
http://www.angel-sphere.com/angels/angels.htm
[PR]
by coopiecat | 2007-12-16 02:02 | 天使

疲れ気味…

c0039094_23591963.jpg



あ~昨日は呑み過ぎたねぇ…
うわっ!我ながら疲れた顔やなぁ。
こりゃ風邪ひいたか?


c0039094_23595590.jpg



目ぇもハレとるし…
クマもあるみたいやし…


c0039094_001279.jpg


うわ、ウツブセに寝とったんかな。
デコが変なコトになっとる…。

ん?
鏡っちゃこんな映り方したかねぇ??


c0039094_003780.jpg


こりゃぁ!
お前かぁぁぁぁ!!

うひゃひゃ!
失敗、失敗~♪
[PR]
by coopiecat | 2007-12-15 00:03 | カメラ/写真

お家騒動

c0039094_2251413.jpg
職業選択の自由ぅ~
       あはは~ん♪
型式選択の自由ぅぅ~
       あはは~ん♪♪

むっ!(怒)
おまぃら、ウチの基本ば忘れたとな?!

c0039094_2251382.jpg
へいへ~い。
こげんでどげんですか?

ゲラゲラゲラ…

おまぃら…
ちょっとシメなイカンね…

c0039094_22521061.jpg
あ~あ~あ、泣~かした
先生に言うてやろ~

ちょっと待って!先輩は悪くないと!!
ばってん…先輩、僕達は生まれた国が違うっていうだけでスゴク非難されとるとですよ…なかなか優秀やった先輩と仲間っちゅうコトが認められんとです!!

c0039094_22524670.jpg

そうや…そげんなコトのあったね。
悪い事言ったね…

いや…先輩、何もそげんテレんでも…
[PR]
by coopiecat | 2007-12-09 22:57 | カメラ/写真