<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

写真展に行ってきました 2008-02-29

c0039094_2172730.jpgチェコ大使館併設の文化施設「チェコセンター」(東京・広尾)で3月21日まで開催されている「無防備で憂いただよう建築」という写真展のオープニングパーティーに参加してきました。

この展示概要について、チェコセンターのホームページ(http://www.czechcentres.cz/tokyo/novinky.asp?ID=7356)から紹介文を抜き出してみると。

「この展覧会は大きな成功を収めたテレビ番組シリーズ Šumná města が元になっている。番組監督ラドヴァン・リプスと建築家ダヴィット・ヴァーヴラが色々な場所の建築遺産を訪ね、紹介するという番組である。彼らは一般的な建造物、例えば、お城、宮殿、要塞、ゴシックやバロックの教会や祭壇、可愛くて心地よい建物などは取り上げない。ここ何年も誰にも関心を持たれていたなかったような19、20世紀の建造物や、問題を抱えていたり、荒廃していたりするような都市計画を廻るというテーマを掲げている。」

というコトです。
この文章と展示タイトルから、どのような展示を想像されるでしょう?

私は、シンミリとした、ズッシリ重たい展示というイメージ。
日本の番組で言えばNHKの「新日本紀行」のようなイメージを抱いていました。

c0039094_2181982.jpgしかし、チェコ大使挨拶の後にラドヴァン・リプス氏とダヴィット・ヴァーヴラ氏が招かれ、番組名「Šumná města 」が紹介されると、来場していた多くのチェコ人が喜んでいる気配。
有名な人だからか?と思っていたのですが、どうも違う雰囲気が…。

最初に挨拶されたラドヴァン・リプス氏は「チェコっと」(←チェコ大使館推奨のジョーク)ゲーリー・オールドマンに似た感じで、硬めの内容を静かな口調で語る姿は素晴らしいものがあり、まさに「無防備で憂いただよう建築」を語るにふさわしい雰囲気でした。

かたやダヴィット・ヴァーヴラ氏が話し始めると、どうにも言っている事が面白すぎる!チェコ人も大喜び。途中で「チェコ風の中入りで、展示品にも書いてある詩を朗読します」といって朗読したかと思うと、最後に「まだ国外に自由に出られなかった20数年前の頃、アジアをイメージした曲を団員のために作ったことがある」と言って曲を披露するとのこと。

「あぁ、やっぱチェコは旧共産圏だからなぁ」といった思いで見ていると、披露された曲はビミョウなテーマというか…いや、社会批判とかではなく、民族的な揶揄でもなく…翻訳に困る内容の歌だったようで。

挨拶もひとしきり終わり、サンドイッチやチェコビールなどを頂いている間に会場でガサガサと椅子等を設置している気配。
ビデオ上映が開始されるようで、楽しみに席について「Šumná města を上映します」という挨拶されると、またもチェコ人の方々が大喜び。やはり有名な番組らしい。

始まってみると、途端に「プンワカプンワカ♪」とユル~い曲が流れてヴァーヴラ氏がラクダに乗って登場!

なんだこれ!!
どうやら、「新日本紀行」的な重たいドキュメントではなく、コミカルなドキュメント。
はぁ…そういうことだったのか…。

番組上映後の質問も大変活発で、20:30分に終了の予定が21:30頃に終了。その質問と回答もチェコ人の人柄を知ることが出来たような面白いものでした。

その後、オナカを空かせた私と友人は、オープニングの感想をサカナに、食事とオサケを楽しみました。いやはや、楽しかった。

あ、写真展そのものについてですが、いわゆる「写真展」というのとは少々異なります…キャプションはチェコ語、ドイツ語、英語で表示されていますが、多分日本語のレジュメ(解説)が会場に設置してあるので、それを手にとって鑑賞して下さいまし。
[PR]
by coopiecat | 2008-02-29 21:05 | カメラ/写真

花を買う

今日は呼ばれて人のお宅に御邪魔。
何か持っていこうと思いながらも気が効いたモノを見つけられないまま、チョコチョコと買ったモノを手に電車を乗り継ぐ。

乗り継ぎ駅で花屋サンが営業中。
花は枯れてしまうから好きではナイのだけれど、桃の花が何とも可憐で「これだ!」と思って購入。

帰路につく人々で混みあう電車に乗り込むと、桃の花を持っている男ってのが奇怪だったのかもしれないが、手に持った花を見て場所を空けてくれる人が居た。
「すみませんね。ありがとうございます。」と言い、咲いている桃が見えるように手の中で回してみる。

お宅に到着して「桃です」と言って手渡した時、花が耀いているように見えたのは多くの人の優しさを受けたからだと思ったりしてみる。
[PR]
by coopiecat | 2008-02-28 02:31 | トーキョー

メルアドの行方…

昨年の健康診断で肝臓に「!」な数値が出てからというもの、多少は、少しは、ちょっとばっかりオサケを控えようと思っている私デスが、時には呑んでしまいまする。

先日のコト。
仲間と共にオサケを呑みに行ったのデスが、何だか話がムズカシイ方向に流れて行ってしまって私の頭の中でナニカが「ぷつっ」と逝ってしまったらしく、それまで淡々と話をしていた人間だった(多分)のが、「単なるオサケ呑み」に急転直下。

気さくなチェーン店系の呑み屋さんの広い店内の真中らへんに陣取っていたのですが、近隣諸国の男子諸兄との友好関係を築きまくりの盛り上がりまくりに…

乾杯しまくるやら…
ガシッとハグするやら…

あ~、私はこんな呑みってしないのだが…
いや、久々か?
頭の中はもうグルグル。

ラストオーダーの時間となり、そろそろ帰宅という時に、さんざ盛り上がっていた隣の席の男性の連れの女性に「連絡先を…」と言われて「えぇ?名刺は…あれ?無いなぁ…」なんて言っていると「じゃ、ここに」と手帳を差し出されてビックリ。

「なになにこれ?」
と思うべきなのでしょうが、グルグルな私はペンを取り出してメルアドを書き散らしてしまい…

こりゃクレーム来る予感デス。
オコラレます。

もしかすっと大切なハナシをしようとしていたのにヨッパライ(私…)が掻き回したのかもしんない…ひぃぃ!ごめんなさぁぁぁい!!

そして店の外に出ると、お店のオバチャンが「ちょっと!忘れものだよ!!」と私のカメラを持って追いかけてきて。あぁ、ホントにダメダメ。商売道具(のようなモノ)を忘れて出るなんて。

その日はどう帰宅したか判らないほどの状態。
断片的には覚えているのですが、気が付くとコートも着たままベッドの上に倒れてました。

はぁぁ。
少しオサケ控えよう…。
とはいえ、「久々に思いっきり呑みました!」というスッキリ感もあったり。

ちなみに今日の時点で御叱りメールは無し。おそらく判読不可だったのでしょう。(笑)

まったく反省のナイ雰囲気の教訓:日本酒を沢山呑むと、お肌のコンディションが良い感じになります。
[PR]
by coopiecat | 2008-02-24 22:12 | トーキョー

そんなコトって・・・

恋人と並んで席に座って会話をしていると、斜め向かいで暴力沙汰でも起きたのか鼻血を出して倒れている人を幾人の人が囲んでいる。

席から立ちあがって、倒れている人の首の下に手を差し入れ、鼻の上の部分を圧迫して止血を試みる。無事止血は終了。
窓から見る空は紺色で下の方が燃えるような橙色。

席に戻ると彼女は居ない。その代わり、以前私があげた鞄が置いてあった。
鞄の中には水色の紙に、黒の細い水性ボールペンで書いたブログの出力のような、同人誌のようなものに手書きのメモ。

「あなたは他の人のことばかり考えている」
その書き込みを読んで、内容もさることながら思ったより上手くない字を意外に思う。

最寄駅で降りると激しい雨が降っている。ホームにも降り注ぐ中、彼女の姿を探すが居ない。大急ぎで駅の改札からではなく、フェンスの隙間から雨降りの工事現場を抜ける。
泥濘の上に電線が巻いてある大きなロールが幾つも転がっている。

駅前について周囲を見回すが、そこにも居ない。
連絡をとろうと思って携帯電話を操作する。
メールを最初から最後まで、アドレス帳をAからZまで展開するが名前が見つからない。

おかしい。おかしいけれど理由を探し続ける。
理由は・・・私は「あの人」の名前を知らない。
そんな事に気が付く。

この理不尽さは夢だ。はっきりと自覚する。
展開や色彩に細部の事象には何かの意味がある。
あまりにも興味深い内容だ。

そう思い、手近な紙にキーワードだけでも書き留める。
少し余裕がありそうなので、携帯のメモ帳にも打ち込む。

と、一頻り終えた所で目を覚ます。
そこまで夢だったというのが面白くもあり、何らかの意味合いを持っているのだろうという思いを強くする。

そして、単純な私の頭が幾層にも分化されているのを自覚して笑ってしまった今朝の出来事でした。(笑)

電車がらみの出来事があったり、「うはは!」という楽しい呑みの最中に話し掛けてきた近場の席の人との会話で「!」となったり、その後に呑み直しで出向いたお店での「あはは!」もビミョウに関連している部分があるのですが、あまりに興味深かったので夢のハナシで今日はオシマイ!
[PR]
by coopiecat | 2008-02-17 18:08 | ことば

悲しみは伝染る?

先日の連休中日の出来事。
そして、またも電車の中で。

連休中日にタイミング悪く出勤当番で勤務を済ませた後、オトモダチと有楽町で呑みました。
鹿児島系のお店で焼酎を想像以上に呑んで、「じゃ、コーヒーでも飲みに行こうか」なんて言いながらも喫茶店が見つからず、何故か「Guinness」が置いてある店にフラフラと二人で入ったは良いが「すみません…Guinness切れてまして…」と言われて、店員サンの薦めるままに「似たようなビール」を満喫。

双方共に終電を気にしながら「じゃ、またね~!」なんて言いながら地下道で遠ざかる後姿を見送り、「うひひ」とゴキゲンなまま地下鉄へ。

んが、ホームに行って凍結。
オンナノコが携帯を片手に泣いてますよ。

こりゃ事件です!!
何かあったらしいデスね…。

しかし、いくらヨッパライとはいえ、「なになにぃ?どぉしたのぉ??」なんて言うほどオッチャンではありませぬ。

電車が来て隅っこの席に乗り込むと向かい合いの席にベソベソ泣き続けるオンナノコ。
本当に悲しそうだけれど、私に何が出来るワケでもないし、暖房と相まってオサケがグルグル回り始めて…意識が…あぁ…オヤスミナサイ…

降りる駅が近くなって運良く目が覚めると、そのオンナノコは寝ながら泣いてました。
「滂沱の涙ってこのコトなんだろうなぁ」って思えるほどに、お化粧?顔?に涙の線を残しながら、時たま「ひっく、ひっく」としゃくりあげてる。

こちとら「うゐぃ~ヒック!」ですよ。
なんてオッチャンは思いながらも、そんなに悲しい事があったのかと思うと目が離せなくなり…

その不穏な視線を感じたのか、オンナノコが目を開けました。
オッチャンは気まずくなったけれど、そこはそれ、ヨッパライの勢いということもあって「ここは何かせねば!」と考えて、「ダメだよぉ~」な雰囲気で首を横に振りながらニッコリ笑顔を。

オンナノコ、そのオッチャンの行為を見て引くかと思いきや、恥かしかったのか、ニッコリ笑いながら頷いてくれましたよ。

ヨッパライのオッチャンは「よっしゃ!」と思いながら、「うひひ」と思って電車を降りたのだけれど、その直後に鼻の奥にツーンと来るものがあって涙が…止まらなかった…よ。

悲しみって、伝染するんやね。
[PR]
by coopiecat | 2008-02-13 22:20 | トーキョー

キケンな状況&発見

先週末からどうにもこうにも歯が痛み出して、趣味の事を手掛けていても仕事の時と同じ位の集中力(1/250Sec位)しか得られないし、寝ていても「!」となって目が覚めたり。コレは相当危険。

これはもう敗者です。いえ、歯医者。
グリグリやられてきました。
その歯医者サンは大変腕の良い歯医者サンですが、私にとって何が良い(悪い?)かというと、最寄駅が都営大江戸線御徒町駅で最寄出口はA7番。

ということは、帰りに喜久屋カメラに立ち寄らざるを得ないという立地なワケなのです。
別に寄らなくても良いのデスが、A7番出口は喜久屋サンの建物の隣なのですね。

今日もそうだったのだけれど、麻酔なんかされてグリグリやられて、グッタリして判断力が落ちた所にカメラ屋さん。キケンです。今までにも幾度か買物をしてシマッタり。はぁ…。

とはいえ、今日は何とか無事に帰宅。かなーり迷うモノがあったのですが、そこは我慢を。自分を褒めてあげたいぐらいです。

そして発見!
右上顎部手前に麻酔が効いていると、鼻をヒクヒクさせた時に左しか動かないのだ!!
[PR]
by coopiecat | 2008-02-05 21:12 | トラブル/病気

新製品発表

c0039094_2113715.jpg2008年2月1日 東京

昨年より東洋的素材を用いたエコバック風「壱号鞄」で静かなブームを呼んでいるゲンナリー・サボルノスキー製作所が新製品「弐号鞄」を発表した。

同製作所のチーフデザイナー、サマンサ・田端は「ゲンナリー・サボルノスキー初の立体製品であり、製作所の伝統に則って東洋的素材をふんだんに用いた意欲的作品」というコメントであった。

一方、チーフエンジニアでもあるゲンナリー・サボルノスキーは製作が大変だったのか、コメントを求められても仏頂面で腕を組んだまま「別に…」と言っていたが、横で小声で囁くサマンサ・田端氏の言う通りに「球体という困難な課題に直面し、大変困惑しましたが、現場の判断で製作したものです」というコメントを発表した。

同製作所によると、「弐号鞄」の企画から製作には3ヶ月を要し、複数のバージョンによる試作品を経て到達した結果だという。
この「弐号鞄」は既に届け先が決まっているということだが、今後の製作は未定。注文を受けても届けるまでに時間が異常にかかることが理由だという。
[PR]
by coopiecat | 2008-02-02 00:45 | エコ(?)バック