和文と英文、そして涙… (。p_q)ぅー

英語に一切自信の無い私ですが、海外で講演をするにあたって自身の写真作品内容等を英訳して欲しいという依頼を受けました。

原稿自体は過去に開催した写真展で掲示したコンセプトで、A4判1枚に大きな文字で印刷された400字にも満たない程度と短文であり、起承転結が判り易い文章だったので受けてみたのだけれど、これが何とも難しい!!

オリジナルの文章を大幅に改変していますが、おおよそ下記のような文章。

―――――――――――――――――――――
私が最初に手にした一眼レフカメラは「オリンパスペンFT」でした。小学校の遠足の時、父から借りて少し重たいカメラを手にした時、自分が少し大人になったような気がしました。(起)
その時から写真が自分の趣味になり、撮影した時間の流れをプリントするようになりました。(承)
ある時、その制作活動の中で「オリンパスペンFT」を思い出し、2枚の写真を1枚にプリントするようになりました。(転)
自分の中での時間の経過や視線が一枚の印画紙の上に展開されています。(結)
―――――――――――――――――――――

はい、のっけから困難にブチ当たりました。

「起」部において、小学生の時に一眼レフカメラ、しかも「オリンパスペンFT」を手にしたとうことが問題!ではなく…(笑)

この文章、日本文としては何ら問題が無いように思えます。というか、問題ナシ。しかし、英訳するにあたっては問題大アリ。

冒頭の部分だけに着目した場合だけでも、少なくとも下記のような主語の設定が可能になります。

1:私が最初に使用した一眼レフカメラは「オリンパスペンFT」。それは私の父のカメラだった。
2:「オリンパスペンFT」は私が最初に使用した一眼レフカメラで、それは父のカメラだった。
3:私が最初に使用した一眼レフカメラは父の「オリンパスペンFT」だった

「承」に相当する部分に関しては、時系列も構文も明確なので問題はナシ。

続いて「転」に相当する部分になると問題勃発。
文章としては明確なのだけれど、まず、それぞれ完成していた「起」と「承」の関連性が必要な気がしてならない。
というのも、文脈上で一時的に中断していた「オリンパスペンFT」との関係を示さなくては「思い出す」ということは成立しないから。

同様に「結」に相当する部分でも、一見すると主語(一枚の印画紙)も明確なので問題無いように見えるけれど、この文章は作家自身の作品の方向性を示しているものであり、今までの写真に関わってきた生活の結論でもあるワケで。

結局、この文章を英訳するために数日を要しました。

オサケを呑んだり、食事をしたり、眠り、その合間合間に作家の写真に対する思い、今は亡き写真好きだった父上との関わりといった色々な話をしながらの数日を経て産まれた英文は下記のようなもの。

―――――――――――――――――――――
私が最初に手にした一眼レフカメラは「オリンパスペンFT」でした。
そのカメラは父のカメラで、小学校の時に父が使用することを許してくれた少し重たいカメラを手にした時、自分が少し大人になったような気がしました。
その時から写真が自分の趣味になり、色々なカメラを使用しながら、撮影した時間の流れをプリントするようになりました。
ある時、その制作活動の中で「オリンパスペンFT」を思い出し、ハーフフレームの写真2枚を1枚の印画紙にプリントするようになりました。
そうすることで、自分の中での時間の経過や視線を定着することができるようになりました。
―――――――――――――――――――――

私が翻訳した英文は当たり前だけれど稚拙なものだから判り易かったみたいで、それを読んで、最初の和文とは大幅に異なっているけれど、作者の目に涙が浮かんでいました。

今まで自分でも言葉に出来なかったけれど、「オリンパスペンFT」を使用して作品製作をしている理由はそれなんだってさ。

「今、自分が写真と共にあるのはお父さんのおかげだ」って。
「ありがとうを伝えたかった」って。

それを聞いて、私も泣いちゃいました。
[PR]
# by coopiecat | 2008-05-13 22:32 | ことば

むぅぅぅ…

いや、絶対観ないのデス。

福岡がらみ…
強気な台詞を言う深津絵里…
時折混じる博多弁…

いえ、観てません。
観てませんってば…。
[PR]
# by coopiecat | 2008-05-12 21:34 | 九州

おのれはウイルスか?? ┻━┻ミ\(≧ロ≦\)オリャァァァァァ!!!

ちょ、ちょ、すまんばって聞いちゃりぃ。あ~もう、腹の立つったら無いっちゃんね。どげんしちゃろうかね?

(訳:恐縮ですが、ちょっと聞いては頂けませんでしょうか。もう、腹が立つったらありません。どうしたら良いのでしょう?)

どげんもこげんもね、「あんたくさ、そげんことしよったらボテクリコカスばい!!」っちゅぅごたぁ事のあったとデスよ。

(訳:どうしたもこうしたもありませんよ。「あなたね、そんなことをしていたら足腰立たなくなるまで存分に殴ってしまいますよ!!」と言いたくもなるような事があったのデスよ。)

いかんいかん。
冷静に…クールだうん…

こうした公共の場で個人攻撃をするのは好まないのですが、何が腹立つって、「ノートン・アンチウイルス」ですよ。

いえ、「ノートン・アンチウイルス」自体は悪く無いのですが、ソレをアンインストールした途端ヒドイ目にあっています。

真っ先に出た症状は「ウィンドウズが立ち上がらなくなった」という状態で、これは起動時に「F8」キーを押して「ステップ・バイ・ステップ」で立ち上げ、問題箇所をパスしながら起動することで立ち上げに成功。

しかーし!
1:メールの送受信が満足に出来ない
2:インタネットの接続不安定

コレはOSの上書き(98はコレが可能…幾度かやっているけど「可能」と言って良いのかはナゾ)やらバックアップデータで何とか回復。

という事で、普段使う分には問題無かったのだけれど、今日になってCDを入れてビックリ!

再生できん!!  (@o@)

ハードウェアやサウンドカードの再認識を繰り返していると、リアルプレイヤーは映像・音声共に再生できるけれど、メディアプレイヤーは映像のみで音声不可、CDは相変わらずダメ。

「もしや?」と思ってメインプレイヤーをリアルプレイヤーに設定しても、やはりメディアプレイヤーは映像のみで音声不可、CDは相変わらずダメダメ。

これらは全て「ノートン・アンチウイルス」をアンインストールした時から始まっているのデスよ。

そんでもってノートン屋さんにアクセスして、そのページの指示に従って最新の「アンチウイルス」を購入・ダウンロードしたら「98には非対応」とかでダウンロードできないし。

もちろん返品希望で電話すれども、そこはソフト屋さんの常。「営業時間帯は受話器を外しているのではないか?」という程に繋がらない。

必死になってノートン屋さんのページの隅々まで探した結果メールサポートに辿り着いて返品・アンインストール方法を教えてもらったは良いものの、やっぱ不具合は継続!しかも前より反応悪いアプリケーションが出てきた!!

もう一度メール送信しようと思ったものの、ネット経由で送信したせいか、送信先が二度と判らないようになってるし。(先の返信メールには「これに返信しても、ワシ知らんけんね」と書いてあるし)

この10年近く無敵を誇ってきたPCなのに、一気に不具合連発です。

不具合といえば最近、通勤に使っている西武線が人身事故が多くて今日も大変な目にあったし、昨日は大きな地震もあったし…。

これって全て…??
と思いたくなる今日この頃です。
[PR]
# by coopiecat | 2008-05-08 22:08 | トラブル/私生活

増殖する時計… (>_<)

c0039094_0271780.jpg片付けにチャレンジしている昨今ですが、部屋の中で何といっても目に付くのがカメラと時計。
もう、どーしようもない程の数量に達してマス。

なんでこんなに蔓延っているのか?というと、もちろん「使うために購入する」ということは言うまでも無いのですが、その前段階で「修理をしたいから」というコトもあり。

これはカメラも時計も新品で買えなかった小~中学生の時期に端を発しており、その時から「中古」の存在を知り、更に、専門店で購入するよりも古道具屋で購入する方が低廉と知って以来。

中でも時計は価格帯が幅広く、不動品なら数百円単位で購入できるものがあって、そういうものを食費を削って購入しては分解しました。

最初のうちは分解に留まっていたけれど、時計というのは基本的に歯車類が平面的な配置になっていることから、そのうち構造を把握して問題点も見えてくるようになって、ボツボツと動くものを組み立てられるようになりました。

そうすると、どこに問題があるものを買うと修理に苦労するのか、容易に修理できるかを見極められるようになり、続々と動き出す機械を前にして修理が面白くなってくるという流れに。

ストップウォッチ機構が装備された「クロノグラフ」も好きだけれど、やはりシンプルだからこそ美しく奥深い「中三針」(なかさんしん)の系列が一番です。

中でも、1950~1960年代のセイコーとシチズン製品のうち「S」なり「C」の文字が文字盤に浮き出している、通称「Sセイコー」や「Cシチズン」と言われるシリーズは最高に面白い。

「Sセイコー」や「Cシチズン」には6時位置に小さい秒針を持つ「スモールセコンド」という系列の機械もあるのですが、これはさすがに時代的に古いのか出物が少ない。

同じ「中三針」でも初期の製品は通称「出車中三」(でぐるまなかさん)と呼ばれる構造を持つ機械があるのだけれど、一般的な「中三針」の方が機械的にも無理が無く、整備や調整も容易です。
そして、こういう機械は一番優れた機械なのではないか?という結論に達したのも中学の頃。

まぁ、そんなこんなで20年以上、古道具屋サンやフリーマーケットで動かない時計を見ては、放って置けなくてメーカーや種類を選ばず購入・修理の連続。そりゃ数も増えますわな…。
[PR]
# by coopiecat | 2008-05-05 00:28 | 時計

写真はむずかしい!

「上手い写真」や「下手な写真」といった評価があるけれど、その表現は何とも苦手で…

というのは「他の人の視線を評価できるのか?」という意識が先行してしまい、視線はもちろんのこと、その人の姿勢や存在全般に対して云々言っているような気がしてしまうからです。

関連して…
長い事写真の世界に身を置いていると、

「何を撮って良いか判らない」
       とか
「良い写真って何ですか?」

といった質問を受ける。

「上手い」とか「下手」っていうのは、構図やら測光、測距といった技巧的な側面というか客観的な話であって、「何を撮る」とか「良い写真」というのは主観的なもの。

結論として、「撮りたいものを撮れば良い」と思うのです。

そして、撮りたいものが撮れるということは幸せなことであり、それが撮れるということは、測光も測距も構図も完成できたということで。

カメラに限らず「道具」ってのは身体の延長なのだから、「見るように撮る」というのが究極的な目的なのかなぁ?と思ってみたりしている次第。

そこでもう一つ出てくるのがフォーマットの問題。

それは自身の視線でありながらフォーマットに支配された視線なのではないか?という事。

私の場合、正方形の世界と長方形の世界に分けて考えている所があります。

24×24であれ、60×60であれ、それは正方形。
安直に「縦横が無い世界」といった捉え方ではなく、前後左右に広がりを持つ球体的な空間を反映させたい。

18×24、24×36、60×70、60×90、そして4in×5inといった長方形の場合には、どうしても一般的な視覚認識を反映させて撮影しているような気がしてしまう。

そう考えると、人の視線や視覚、そして空間認識って何なのだろう?と思うワケで。

なかなかムズカシイものがあります。

そして↓は、自分らしくはないけれど、何だか気に入っている最近の写真です。

c0039094_226403.jpg


撮りたくて撮ったんだけれど、何だか自分とは違う雰囲気。これは何なのだろう?と思ってみたり。

この写真の撮影前後の事を思い起こすと、ちょうどハービー山口氏に急速に惹き付けられた時期で、彼のように「見たままを撮りたい」と思っていたのは確か。

でも、当たり前だけれどハービー山口氏の世界とは全然違うし、先にも書いたように自分の雰囲気とは違っている…。

やはり写真って、むずかしいものです。
そして面白いもの。
[PR]
# by coopiecat | 2008-05-04 02:27 | カメラ/写真

夢の商店街

ふつうの家の合間合間に現れる、以前流行ったアンティークショップのような店、コインランドリー、タコ焼き屋さんに駄菓子屋さん。
子供から老人まで、色々な人が歩いたり買い物をしていたり。

これは「私の夢の中の下北沢」のいつもの風景。
時間帯はいつも夕方から夜の入りの時間。

初めてではない道なのだが、目の前に初めて見る店が現れる。
古いつくりの店で、引き戸の上の看板は白地。左端にピスタチオの絵が書いてあり、太い筆文字で「ピスタチオ専門店」とまで書いてある。

これが築地で、鰹の絵が書いてあって「かつをぶし専門店」なら何の不思議も無いが、下北沢(夢の中の。だが)で「ピスタチオ専門店」というのが何とも不思議。

「はて?」と思いながら店内を覗いていると、不安気な様子でこちらを見ている店のご主人と奥さんらしい人達とガッチリ目があってしまう。

ガラガラっと引き戸を開けて店内に足を踏み入れると、ご主人と奥さんが「あぁ、良かった。入って来ないかと思いましたよ」と言って嬉しそうに迎え、お茶を頂く。

ストーブの火のにおい。ヤカンが立てるシュワシュワという音と蒸気のシットリ感。
白熱電球のような色温度の室内照明。

目の前の棚は升目に区切られていて、色々な種類のピスタチオ。もちろん升目にはスコップのようなものが刺さっている。
殻が付いたものもあれば、剥いてあるのもあり、更に渋皮(?)を取ったものもは何となく判るが、もっと細分化されていて価格帯も幅広いようだ。

壁の棚の上にはピスタチオが詰まったガラス瓶が並んで明かりを反射している。
左側の壁面の棚には、一辺が3~4センチの三角錐をした「おかき」がガラス瓶に入って並んでいる。塩味のもの、醤油味のもの、あとは何だろう?海苔がはりついている形状はおにぎりに似ているが、あれは明らかに「おかき」である。

老齢のご主人と奥さんと何か話をしていたが、不意にそこで終了。
夢だからといって何が起きるわけでもなく、何かを暗示しているのかも判らない。ほんとうに、ただの夢。な感じ。

「夢の中の下北沢」を彷徨った翌日、もしくは一週間以内に必ず見る夢がある。
2つあるのだが、これも古い商店がらみの夢。

ひとつは時計屋さん。もう一つは写真屋さんというか、昔ながらのカメラ屋さん。
いずれの店舗も私の好きなタイプの時計とカメラが棚に沢山並んでいて、やはり老齢の店主と奥さんが店に居り、色々な話しをする。

どの店にも入るのだが出ることは無い。
そして、またある時夢が始まり、それらの店を訪れる。
そんな夢の中の商店街が私の中に存在している。
[PR]
# by coopiecat | 2008-04-30 20:38 |

好きなレンズ

何やかんやと多種多様なカメラやレンズを使用している私ですが、「こりゃマイッタ!」というモノがあるワケで。

ツァイス系の信奉者では無いけれど、「ハッセルブラッド・シュプリームワイドアングル」(ハッセルブラッドSWA)に装着されている「ビオゴン」は「マイッタ!」な一本。
これまでにも距離計連動型のコンタックスに「ビオゴン」を装着しているのだけれど、35ミリは戦前、戦後を含めて「ふぅむ…」な感じ。21ミリは「おぉ!」なレンズだったけれど、この38ミリはすごい。

c0039094_2337743.jpg


縦のモノは縦に、横のモノは横に。
ハッセルブラッドがビオゴンの為にボディを製作したというのも、世界のプロフェッショナルが信頼するというのも判る気がします。

多分、このカメラを手放す事は無いでしょう。
「ハッセルブラッド・シュプリームワイドアングルは稀少なカメラ」なんて評判は関係ナイです。
このレンズを使いたいから、手放す事は無い。
そんな感じです。
[PR]
# by coopiecat | 2008-04-25 23:40 | カメラ/写真