一体何事?? (・_・)?

いつものように(?)真面目に(??)仕事をしていると、机の上の電話が鳴り、「○○さんという方からお電話です」と外線が入っている旨を伝えられる。

そこから外線に切り替わるまでの間、訝しく思う。

「○○」という姓は特段珍しい姓でも無いが、私の知る範囲では一人しか居ない。しかし、仕事上での付き合いがある人ではなく、過去には個人的な付き合いがあったが今は疎遠になっている。そんな人が今頃わざわざ職場に電話してくるというのは考え難く、そもそも該当する人物は、人に電話をかけさせても自分から電話をする事は殆ど無い。

あまりに不自然な事が多すぎる。

とはいえ、知らぬでは無い人からの電話ということもあって「もしもし?」と少々明るい声を出してしまったのだが、受話器から聞こえてきた声は、まるっきり○○とは異なる声。
そもそも性別からして違う。

一気に不信感は倍増で「どちらの○○さんですか?」と語勢荒く尋ねてしまった。
すると、電話の主は警察関係というか関連機関?な部門だそうで、「会社宛に連絡する際には電話を受けた人間に迷惑がかからないように組織名を告げて電話をするのは避けている」と、納得出来るような出来ないような、相手の事を気遣っているんだか気遣っていないんだか判らない説明だが、結果として不快感を抱いたのは事実だから感心はしない。

で、そんな人が何の用かというと、○○本人に関する身元照会のようなものであった。
○○と疎遠になっているとはいえ、不用意に個人の情報を流して良いとは思えないので躊躇したが、先方は何かと把握しているようで、基本的に「知っている」「知らない」といった簡単な回答で済むような質問の連続だった。

そして、「面白い」と言ってはイケナイのかもしれないが、それは後になって会話を思い返してみると、「知っている」と答えた項目に対してはさらに深層の部分を探るように、「知らない」と答えた項目に対しては再確認するような質問が周到に用意されていることが興味深かった。

加えて、質問の方向や表現を変えて同一内容を質問する方法が用いられていて、それは私が虚偽の発言をしていないかのチェックや、どの程度の認識なのかを確認するのに役立っていると思われた。

このように、回答者(今回の場合は私だが)の心理を巧妙に利用した実にプロフェッショナルな仕事を感じるものだったが、感心してはいられない。

おとなしく答えていた私であったが、「そういえば!」と思い、ここ数ヶ月ほど携帯電話への非通知設定からの着信、家の固定電話への着信&無言留守電が頻繁していた事について確認すると、どうも固定電話への連絡がつかなかった結果として職場に電話を入れたらしい。

よっしゃ。「ということは、私の連絡先を把握しておられるということですね?どのようにして入手されたのですか?」と、自分ではスルドイ一太刀をあびせてみたつもりだったが、ごくごく冷静に「それを入手するのも仕事ですから」と答えられてしまい、電話から大変怖ぁ~い物が伝わってくるという稀有な経験を・・・。

結局のところ「御協力ありがとうございました」の言葉で締め括られてしまったのだけれど、果たして○○本人もしくは周辺に何かが生じたのか、それとも、実は何かが生じているのは私の方だったりするのか?

とまぁ、何とも居心地の悪い経験をした出来事がありました。
[PR]
by coopiecat | 2008-05-31 03:37 | トラブル/私生活
<< なんとか・・・どうにか? 和文と英文、そして涙… (。p... >>