2005年 09月 03日 ( 1 )

秋の気配

c0039094_2125390.jpg夏が去ろうとしています。

去り行く時間に気が付くのは、
その時が失われた時なのか、
失われつつある時なのか。

タイミング…

誰かが、何かが、
私に手を差し伸べてくれた時、
私がそれに気が付くかどうか。

プルーストの「失われた時を求めて」の一節にあるようにマドレーヌを紅茶に浸した瞬間に過去を想起できるほど、今の私にはに過去を過去として距離を置いて考える事はできない。

過去は過去でありながら現在と密接な関係を持ち、それが未来に継続するのだ。
それも判っている。

となると、やはり私自身が気が付くかどうかなのだね。
今の私に何が出来るかを考えると同時に、多くの人に与えて頂いた事を思い返すこと。
そして、次に何をどうするか、何ができるのかを考えて行動すること。

うぃ。
それって「何をしてきたのか、何をやってるのか、何をしようとしているのか。」
ソレを考えるって事デショ?

簡単だけれどもムズカシイね・・・
ははは・・・

Leica M6
Summicron 35mm 2
AGFAPAN APX400
1/125 F5.6

COPYRIGHT:Coopiecat
[PR]
by coopiecat | 2005-09-03 21:25